人生100年時代~一生学ぶために、学びの時間を考える

マインドライターの永嶋泰子です。

かつては「人生80年」と言われていましたが、
最近では「人生100年時代」と表現されるようになりました。

20年増えたからといって、実際にどう変わるの?
子育てにどう関係があるの?と、思いますよね。

実は、大アリなんです。
それは子どもだけでなく、いまを生きる私たちにも。
いままでは、たった3ステージの人生でした。

22歳まで教育をうけて、40年仕事をし、引退。
ですが、人生100年となると変わってきます。

なぜなら、会社が人を雇う余裕がなくなっているから。
個人が、自分自身で仕事を生み出す時代へと突入するのです。

そこで大切なのが、【学びつづける】こと。

たった3ステージの人生ではなく、

教育(学び)も仕事も同時進行という生き方です。

大ベストセラーとなった『LIFE SHIFT』のグラットン教授は、
効率的な学び方を提唱しています。

具体的にはこの3つにわけて学ぶといいそうです。

5分で学べること

週末に学べること

2~3ケ月の休暇で学べること

とくに①②はすぐに実践できそうですよね。
できれば、学びたいことを紙に書きだしてください。
(できるかどうかは考えないでくださいね。)

そして

・いますぐにとりかかれること

・明日からとりかかれること

どんなちいさなことでもいいです。
とにかく書き出してみてください。

行動すれば、道がひらかれます。

その姿は、子どもがみているから。

参考文献:大野和基インタビュー『未来を読む』PHP新書

投稿者プロフィール

永嶋泰子人材成長講師
【モヤモヤ→シンプル思考へ悩まない私に】人事1500人以上の研修にかかわる。私生活では長女を亡くすどん底も。つながり×成長×美の視点から”堂々と私を表現する”講座を開催中。
パラレルキャリア専門エール通信
永嶋泰子

【モヤモヤ→シンプル思考へ悩まない私に】人事1500人以上の研修にかかわる。私生活では長女を亡くすどん底も。つながり×成長×美の視点から”堂々と私を表現する”講座を開催中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です