オンラインでのファッションで気をつけることは?

ファッションライターの瀬島京子です。

外出を控えてもっぱらオンラインでのミーティングばかりの毎日。
胸から上しか見えないし、下は家着のまま…という人も多いかもしれません。

対面で会う時も、実は人の視線の8割は顔周りに集中しています。
そのため、オンラインでもオフラインでも首元のファッションは印象を左右する重要なポイントです。

オンラインではライティングの影響も大きいのですが、顔が暗く見えがちです。
カメラ撮影で、反射板みたいなものを使用しているところを見たことはありませんか?
あれをレフ板と呼ぶのですが、顔周りに持ってくる色も「レフ板効果」を狙った明るい色がオススメです。

基本はなんと言っても白。
年齢性別問わず、どなたでも清潔感と好感度を感じさせます。

特に白シャツは鉄板アイテムですね。
胸元から首筋に立体感が出て、顔が引き立ちます。
砕けすぎず、かしこまりすぎない、程よいきちんと感が出るのもオススメのポイント。

オンラインだからこそ、胸から上だけで印象を上げましょう。

投稿者プロフィール

瀬島京子
瀬島京子ビスポークイメージコンサルタント/Sartor代表
オーダーメイド
ファッションコンサルタント
Sartor代表

1万人以上ビジネスパーソンを見た元秘書が見た目で損をしている人に伝えたい自分らしく輝くあなただけのオンリーワンスタイルを創ります
(https://note.com/sartor)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です