デザートワイン

アルコールはNGという方もいらっしゃいますが

美味しい食事と、それに合うお酒を楽しむ瞬間は 私にとって、最上級の喜びです。

1日にたった3回の食事(私の場合平日は更に少ない2回)。

無駄にしたくなーい。

食事に合わせるためのお酒

またはゆっくりリラックスした時間を過ごすためのお酒ですが

個人的には種類は問いません。

飲み仲間の中には

ビールだけOK

ビールだけはNG

ワインは身体に合わないので×

芋はにおいが苦手

それぞれ嗜好があることを知っています。

が 私の場合、味覚も身体も、アルコールの種類を選ばないのでとても便利です。

もっと言うなら、幸せです。

さて、今回はワイン。

ワインの中でも「デザートワイン」についてです。

「デザートワイン」をひと言で伝えるなら、デザートにもなる「甘~いワイン」です。

でも、ワインはひと言では終わらない(だから、大変。だから、学校まである)。

まず、ワインを大別するときには?

「色」で分けますか?

赤、白、ロゼ(ピンク)?

オレンジワイン、と呼ばれる4種目のワインが市場にもよく出回るようになり、ちょっとしたブームを感じています。(8月に入って、2度ほどいただくチャンスがありました)

色ではなく「製造方法」で分けますか?  

とりあえず今回は、主に色分け始まる、私たちが「ワイン」と言われて思い浮かべる、いわゆる「フツーのワイン」。

「スティルワイン」と呼ばれるものについてです。

「デザートワイン」はスティルワインだったり、別の種類だったりするのですが

(もう一度言います。「だからワインは大変。だから学校まである」なのです。)

今回の「デザートワイン」の主役は

ハンガリー・シリーズの一環で「トカイ」。

ハンガリー北東部を中心とする「トカイ・ワイン地区」で生産される

地の利、気候を背景に生まれたデザートワインです。

さて、店頭でワインを選ぶ際に

瓶の後ろに貼ってあるラベルに、辛口 - 甘口 を示す棒線のガイドがついているのを見ることがありますね。

好みのワインを選ぶ際の目安になるのは、既にご承知の通り。

このガイドの「甘口」が示す甘さは、デザートワインの甘さとは全く別物です。

別物とは!?

(以下、オンラインサロン限定公開)


→ 続きはこちらから

投稿者プロフィール

京田佳永子
京田佳永子クッキング・スペシャリスト
茶道歴30年、秘書歴25年、ホームパーティ歴15年。美味しいものに本気で取り組む外資系企業社長秘書。パラレルキャリアでおもてなし料理教室を主宰。
パラレルキャリア専門エール通信
京田佳永子

茶道歴30年、秘書歴25年、ホームパーティ歴15年。美味しいものに本気で取り組む外資系企業社長秘書。パラレルキャリアでおもてなし料理教室を主宰。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です