ブログ,  食と教養

茶会に招かれたら

こんにちは。
京田です。

新茶の季節になりました。
今回は、茶会に招かれたら、というテーマでお送りします。

「???」と思われた方、少なくないと思います。

新茶の季節は八十八夜。
立春から数えて八十八夜目の初夏でしょう。

と、違和感をお持ちになりましたよね。

おっしゃる通りです。
煎茶の新茶は初夏。

でも、茶道で使う抹茶の新茶はこの時期なのです。

初夏に摘んだ碾茶(てんちゃ)の新芽を蒸して、揉まずに乾燥させます。

乾燥させた茶葉は、茶舗のもとで袋詰めにし、さらに茶壷に詰め、封印してじっくり熟成され、この時期に新茶として開けられ、石うすで挽いて抹茶になります。

茶会と言ってもひと言で表すのは至難の技。

デパートの催事場(おもに茶道具の展示会に併設)で行われる「添釜(そえがま)」と呼ばれるごくごく気楽なものから

薄茶をいただけるカジュアルな茶会

薄茶席に濃茶席、点心席(お弁当、軽食)が揃った茶会 5つ紋を身に着けて伺う類の「茶事」まで

種類も目的も様々です。

茶会と茶事の違いは、ざっくり2つ。

「茶会」は大寄せで、規模によっては数百名のお客様が対象。

お茶券を買えば、当日ふらっと行っても入れます。

さきほどの、デパート催事場では数百円。

神社仏閣や、茶道団体が主催する場合は数千円から。

決まった時間内(たとえば10時から15時など)に伺って 各席を自由に回ります。

簡単な食事の用意がある場合もありますが、気楽に参加できます。

「茶事」は、茶会と違い、集合時間、開始時間が決まっています。

数名のお客様のために開かれるものですので 招かれなければ、参加ができません。

複数の席を自由に回るのではなく、炭手前、茶懐石料理、濃茶、薄茶の手前がすべて楽しめるフルコースです。

格の高い茶事(または茶会)では
一般には、お正月に催される「初釜」がよく知られていると思うのですが

(以下、オンラインサロン限定公開)


→ 続きはこちらから

投稿者プロフィール

京田佳永子
京田佳永子クッキング・スペシャリスト
茶道歴30年、秘書歴25年、ホームパーティ歴15年。美味しいものに本気で取り組む外資系企業社長秘書。パラレルキャリアでおもてなし料理教室を主宰。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です