理想の先輩3つのポイント

キャリアライターの朝賀ちひろ です。

先週は「理想の上司」の3つのポイントをご紹介しましたが、今週は「理想の先輩」についてお話ししたいと思います。

仕事内容、職種によって関わり方は様々ですが、会社においては一番近くで頼れる存在ではないでしょうか?

また、後輩がいる場合は、どのような先輩であったら良いのか、参考にしてみてくださいね。

≪理想の先輩 3ポイント≫

その1:仕事が出来る、やる気がある

会社で一番先輩に求められるのは、仕事に関してのヘルプです。
「仕事が出来ない」「やる気が無い」先輩には質問もヘルプも出せませんよね。。。

教えてもらっても、「本当にその先輩の言うことで合っているのかな?」と不安になります。
普段からの仕事に対する真摯さとやる気を見て、ついて行きたい先輩だと感じることが多いようです。

その2:前向きで明るく、話しかけやすい

いつもため息ばかりで、つまらなさそうに仕事をしている先輩には話しかけづらいですよね。。。

メリハリを持って、話しかけやすい雰囲気で仕事をすることは、社内のコミュニケーション、そして仕事も円滑に進みます。

特に新人は、先輩に聞きたい質問がたくさんあり、その回答を得ることが新人の成長スピードを加速させるものなので、先輩は多くの質問を受けてあげましょう。

(質問の質も重要ですが、それは質問をする側が押さえるべきポイントですね)

その3:上手に力が抜ける

「この先輩いいな」と親近感にも似た心の距離を縮める瞬間は、実は「先輩の一瞬のダメダメな姿」を見た時です。

ちょっと一息ついた時や、移動時間での会話など、楽しい話に加え、仕事に対してのしょうも無い話、失敗談、ささいな愚痴など、後ろ向きな気持ちも同じように理解して、笑い飛ばしてくれる一面を見たときです。

適度にランチ、一服、ご飯、飲みなど、仕事の力を抜く時間を作って誘ってくれるだけでも嬉しいですよね。

真面目100%!
正しくないといけない!
という正論だけの仕事って、なかなかつまらないモノです 笑

力を抜くときは抜いて、頑張るときは力を出す方が人間性があり、親しみやすさがあります。 

いかがでしたでしょうか?
一緒に仕事をしていく上で頼りになる先輩。

自身も先輩となる機会があった際はぜひ参考にしてみてくださいね!

投稿者プロフィール

朝賀ちひろ
朝賀ちひろNAIL&YOU代表
◇「NAIL&YOU」代表
◇「エールプロジェクト」事務局長、キャリア担当
栃木県出身、千葉県市川市在住。セーラームーン世代。
元会社員✕起業家✕ネイリスト✕ママのパラレルキャリア
(https://nailandyou.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です