会社の飲み会〜ポジショニング編〜

キャリアライターの朝賀ちひろ です。

忘年会がひと段落したと思ったら、新年会や期末に向けてのお疲れ様会、歓送迎会など、何かと開催されている「飲み会」

誰もが「飲み会に行かなきゃいけないプレッシャー」を少なからず抱えた経験があると思います。
会社員にとっては仕事の延長線上にあるものですよね。

自分に合った賢い飲み会のポジショニングを覚えておきましょう!

<<飲み会ポジショニングの3ポイント>>
※人数が15名以上の大きな飲み会を想定

その1
酔っ払う前にご挨拶を済ませておく

乾杯の発声と同時に「偉い人」には相次いでグラスを合わせようと人が集まります。後から伺うと、お酒も入ってゆっくり話ができる状態になりやすいです。
しかし、逆にさっと済ませたい方は流れに乗って最初に済ませましょう。

一人ではちょっと行きにくいな・・・、という方は何人か誘って「女子♡」というくくりで行くと心強いと思います。

その2
最初に座る席は上座,下座を意識する

飲み会にもいくつか一般的なマナーがあります。
その場でダメ出しはしないのですが、こういった「飲み会マナー」を見ている方というのは,実は結構多くいます。

飲み会が盛り上がると、色々と席も移動しますが、一番最初は上座、下座など自分が適切に座る位置を意識しておきましょう。

その3
終了後早く帰りたいOR二次会に行きたい場合

飲み会が終わりに近づくと、その日によって「今日はすぐ帰りたい」「二次会まで行きたい」と思う気持ちもあるでしょう。

そんな時どうすれば良いのか!

答えは「同じような気持ち人の周りにいて、流れに乗ること」です。

早く帰りたい人は早く帰りそうな人の周りで過ごし、終了と同時に同じ流れで席を後にして帰ります。
逆に二次会に行きたい場合は、「いつも二次会行く人」の周りにいてください。その流れできっと二次会にいけるはずです。

いかがでしたでしょうか?
仕事の延長上にある「飲み会」。

私は経験上感じるのはやはり「飲みニケーション」は確実にある!ということです。
自分のペースに合わせて、会社の飲み会も楽しく上手に付き合って行きましょうね!

投稿者プロフィール

朝賀ちひろ
朝賀ちひろNAIL&YOU代表
◇「NAIL&YOU」代表
◇「エールプロジェクト」事務局長、キャリア担当
栃木県出身、千葉県市川市在住。セーラームーン世代。
元会社員✕起業家✕ネイリスト✕ママのパラレルキャリア
(https://nailandyou.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です