ピンチ!英語でなんて言ってるかわからない!そんなときの魔法のフレーズ

英語を楽しく学ぶ!働く女性のためのリカレント英会話

あるフレーズをスムーズに言えるように練習した結果、通じたけど返事が全く聞き取れない!という、外国語あるある。皆さんは経験ありませんか? 実際によく使うフレーズNo.1の “Where is the restroom? ” (お手洗いはどこですか?)をきちんと言えるようにしたけど、答えが聞き取れなくて、結局困った…というのをよく耳にします。聞き取れない中にも原因が3つあって、「単語の意味が分からない」「早くて聞き取れない」「単純に聞き取れない」というもの。そんな原因別に、使いやすい魔法のフレーズはこちら。 ビジネス向き、カジュアル向きもあわせてお伝えしちゃいます!

原因1:単語、又は言ってる意味が分からない時

<ビジネス>

Could you put it another way, please?
(違う言い方に変えていただけますか?)

<カジュアル>

I can’t get it.
(ピンとこない/言ってる意味が分からない)

原因2:もっとゆっくり話してほしい時

<ビジネス>

Could you speak more slowly, please?
(もう少しゆっくり話してもらえますか?)

<カジュアル>
Can you 〜
カジュアルなシーンでは、上記を “Can you 〜 ?” でスタートすればOK!

原因3:単純に聞き取れない時

<ビジネス>

I beg your pardon?
(申し訳ありませんが、もう一度お願いできますか?)

Could you say that again, please?
(もう一度おっしゃっていただけますか?)

Pardon me?/Excuse me?
(もう一回いいですか?)

<カジュアル>

Huh?/What did you say?
(なんて言った?)

Sorry?
(もう一回言って?)

 逆にこんな風に言われたとき、相手はあなたの言いたいことをしっかり理解しようとしている証拠!「文法違ったかな…?」「発音まずかったかな…?」と気にするのではなく、言いたいことをとことん伝えましょう!

投稿者プロフィール

吉永茉莉幕末英語バイリンガル 育成講師
自分の”好き”に正直に!
会社員 営業歴7年目
英語で日本の歴史を学んで、伝える。新しい学び方と日本の魅力の広め方実施します。
1991年3月生まれ/千葉県出身/元スカッシュプレイヤー 現在弓道鍛錬中!
「もしも新選組メンバーが英語ペラペラだったら?」ストーリーで自然にスピーキング力がアップする幕末新選組×英語塾を開講!
只今ブログで使える!よく見る!英語を新選組ストーリーと絡めて解説中
(https://ameblo.jp/mariyoshinaga)
パラレルキャリア専門エール通信
吉永茉莉

自分の”好き”に正直に!
会社員 営業歴7年目
英語で日本の歴史を学んで、伝える。新しい学び方と日本の魅力の広め方実施します。
1991年3月生まれ/千葉県出身/元スカッシュプレイヤー 現在弓道鍛錬中!
「もしも新選組メンバーが英語ペラペラだったら?」ストーリーで自然にスピーキング力がアップする幕末新選組×英語塾を開講!
只今ブログで使える!よく見る!英語を新選組ストーリーと絡めて解説中
(https://ameblo.jp/mariyoshinaga)