ブログ,  マインド

怒りをコントロールできるようになる3ステップ

今回は怒りをコントロールする、3ステップの2つ目についてお話します。

まず、一番すぐにできることは

  • 衝動をコントロールすること、6秒抑えて、怒りの点数を自分でつけてみること

でした。

今日は二つ目の、思考のコントロール、についてお話します。

同じ出来事が起きても怒る人と怒らない人がいます。

その人の価値観によって「許せる」、「まぁ許せる」、「許せない」の基準が違うからです。

5分遅れても怒らない人

来なくても怒らない人

1分遅れても怒る人がいます。

大事なことは、人によってこの基準は違うことを知ること。

相手に押し付けないことです。

その価値観はその人のものであって、変えることはできません。

生まれてきて、今までの間で環境によって作り上げられてきた価値観なのです。

みなさんは何に対して厳しく育てられましたか?

嘘をつかないこと?
人にお礼を言うこと?
悪いことしたら謝ること?
使ったものを元に戻すこと?

家庭、地域、性別、国、学校、会社、友達、みんな環境が違いますよね。

その違うこと、に対して怒ってばかりいても自分の夢や目標は近づきません。

自分にとって、「絶対に許せないこと」ってなんですか?

これを自分でも知っておくことが大切です。

そして、その基準をぶらさないこと。

機嫌や人によって言うことを変えていると、わかりにくい人になってきます。

もし、その基準が、時間、ということなのであれば

『私は時間通りに会議が始まらないと嫌な価値観なんです。』

と伝えておく。

その上で、でも、遅れてきたらどうするの?

という行動のコントロールを次回お話しますね😄

自分の怒りの基準を知るには、怒りの点数をつけてみることがオススメですよ✨

ちなみに私の許せないことは、知らない男性に性的なことをされたり言われること、自分の仲間を傷つけられること、この2つが強烈です。

人間なので、怒るのも許せないことがあるのも防衛感情なので当然なんです。

大事なのは、そのあとの行動です。

寒くなってきましたが、今週もあと一日、頑張りましょう😄

投稿者プロフィール

岩井麗ファイナンシャルプランナー(AFP認定)/相続診断士
日本人女性のマネーリテラシーを高めて、自由な人生を手に入れてほしい
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です