自営業の老後

事務局長/読書愛好家の長房美里 です。

週末に本屋さんで出会った「自営業の老後」。
ドキッとするタイトルですよね…

一度手にとって戻し、もう一度手にとって戻し…を店にいる間に何回か繰り返しやっぱり気になって買って帰りました!

出版が2017年なので、多少情報が古くなってる部分もあると思うのですが、コミックエッセイで、自営業に役立つ知識は活字のページで解説…という形式の本になってます。

コミックエッセイって、読みやすいだけではなくて「どんな状況の人が、どんな気持ちで書いてるか」がイラストに表れている所が良いなぁと思います。

この本を書いたのは当時53歳のイラストレーターの方で、

若い頃から仕事は断らずに、無理してでも引き受けていたし温厚対応でクレームもないし、もちろん納期遅延もしないし…と、超マジメに働いていたのに徐々に仕事がなくなって、いつのまにか年収が、若い頃の3分の1になっていて、しかもズボラなためにお金の対策を全然してこなくて、不安で眠れない…というところから話が始まっています。

会社員×起業の場合なら、安定収入があるから安心ですが、独立起業の場合は、しっかり考えておかないと心配な部分ですよね!

この本では、小規模企業共済など自営業の人向けのお金の知識も載っていたりして、私は知らなかったことがたくさん載っていたので、買ってよかったなぁ…と思います。

もちろん信頼できるFPさんとかお金に詳しい人が近くにいれば、相談するのが1番ですが、何となく心配だけど、今すぐ何かしようという気持ちまではないかなぁ…という方には、ちょうど良いお金の本だと思います。

投稿者プロフィール

長房美里
長房美里
スモールビジネス専門カスタマーサポート。1989年静岡県生まれ。東京都在住。社員4名のベンチャー企業において事務全般をほぼ一人で行った経験を生かし、個人起業家向けに事務アシスタントのサービスを提供中。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です