数字で話せ

事務局長/読書愛好家の長房美里 です。

突然ですが…皆さんは数字を使って話すこと、得意ですか?

私はとっても苦手です・・・

でも会社員時代、営業職や経理などを経験した中で

「原価計算とか売上の管理とか、社内の業務改善とか、

上司に何か提案するときに数字で話せたらかっこいいのに、できなくて悔しいなぁ」

という気持ちはずっと持っていました。

今回ご紹介する「数字で話せ」は、経営コンサルタントの斎藤広達さんの書いた本です。

元々は数字が苦手だったのに、数字に強くなるよう努力して、経営コンサルタントとして独立するまでになった…という方で

本の中身も最新のビジネスに触れながら、数字に強くなるために必要なことを書いてくださっていて、とても面白い本でした!

とくに興味深かったところを、いくつか挙げておきますね。

「自分事にすればするほど、数字は伝わる」

→たとえば、全体の売上500万円を提示されるより、「1人当たり●万円をプラスで受注してください」という指示の方が分かりやすい!

本の中では、UNIQLOの売上の事例も出ていて「そうやって計算して、そんな風に数字を活かすのか」と勉強になる章でした。

「ファネルの考え方」

→ファネルとは、ビジネスプロセスをステップに分解して、確率計算したもの。

※たとえば一件の成約を得るためには、何件のアポ取りが必要か?など。

「コンバージョン・レートの考え方」

→営業活動には訪問・提案・クロージングなどステップ毎にハードルがあり

それを全て突破しないと成約には至らない。この突破率のことをコンバージョン・レートという。

「デジタル時代の共通言語を理解する」

→ オンラインビジネスでは上記のコンバージョンレートは、よりシンプル。

googleアナリティクスという「自社のサイトにどんな人が来て、どんな行動をしているのか」という顧客行動を追跡するツールについても触れています。

ただ.ビッグデータやAIなどたくさんのテーマを取り上げているため、

純粋に数字に強くなる秘訣だけを知りたい場合には

同じ著者の違う本を読むのが良さそうだと感じました。

「計算力を鍛える」という本のレビューが良さそうだったので、また読んでみたいと思います!

投稿者プロフィール

長房美里
長房美里
スモールビジネス専門カスタマーサポート。1989年静岡県生まれ。東京都在住。社員4名のベンチャー企業において事務全般をほぼ一人で行った経験を生かし、個人起業家向けに事務アシスタントのサービスを提供中。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です