あなたの周囲の人が“うつ”の入り口にいたら?

マインド部門 心の健康管理 パーソナルヘルスコンシェルジュ、山崎明美です。今日のテーマは<うつ病予防・対策シリーズ1『あなたの周囲の人が“うつ”の入り口にいたら?』です。

「うつ病」という言葉を聞いたことがある方はたくさんいらっしゃるでしょう。このうつ病は「気分障害」のひとつに分類されます。「気分障害」は、気分が沈んだり、ハイになったりする病気で、長く続く身体全体の調子に関わる病気という意味で、気分障害と呼ばれるようになりました。

うつ病は、ストレスにさらされると誰にでもなる懸念があります。過去には「心の風邪のようなもの」と言われましたが、それよりはるかに重い病気なので、今ではこの言い方はしないようになりました。

ストレスが高まると、副腎皮質ホルモンが分泌され、ストレスに立ち向かってくれます。ふつうは、次第にストレス反応はおさまりますが、強いストレスが持続しますと、この働きが機能しなくなります。精神的な不調が続くと、気分が晴れないイヤな感じが続き、これは朝の起床時に一番ひどく、何をしても気が晴れません。食欲が低下、好きな食べ物でも美味しいと思えません。寝つきが悪く、早朝に目が覚めます。動作や頭の働きのスピードが落ちますし、判断や決断が遅くなったり、できなくなったりします。意欲が湧かなくなり、何をしても気持ちが落ち着かなるなどの症状が現れることがあります。このような時は、ご本人が判断できる状態でないことが多いので、周囲の方が、次のような声掛けで安心を促し、優しく支えることが大切です。

『(前述のような症状は)病気かもしれない』
『休養して、専門家に相談してみよう』
『治るまで、重要・重大な判断をしないでおこう』

このような声掛けとともに、精神科への受診を勧めます。

抵抗感がある人は少なくありませんが、前述のような声かけをして、誰でもなることがある、有効な対応方法を専門家に確認してみよう、と優しく伝えます。元来、きちんと働いて暮らしてきた人だということを忘れないで接することです。

NGは、気の持ちようだ、自己分析してみては?、薬はよくない、自分でがんばって何とかしたら、というような言葉です。

精神的に不調かな?という人と接する対応の基本は、

  • 時間と場所とあなたの気持ちの3つにゆとりがあるところで、話を聴く、あるいは、本人が信頼し、これができる人に頼む
  • つらい気持ちに共感しながら、否定せず、判断せずに「ただ聴く」
  • 励まさないで、相手のペースに合わせ、受診を勧める

ですが、接するあなたにも負担がありますので、早めに、社内の保健医療専門職や、所属なさっている健康保険組合の相談窓口の「保健医療専門職」に、対応の仕方を相談したり、対応を依頼したりすることが大切です。対応する保健医療専門職の経験値や実力によっては、うまくいかない場合もありますので、相談先を1つのみにしないことも必要な場合があります。この時、言うまでもないことですが、個人情報の守秘には重々留意しましょう。

_________
〔心の健康処方箋〕
抑うつ状態にある人には、早めに専門治療につなげることが回復への早道です。
傍で対応するひとも、保健医療職に相談できます。
_________

投稿者プロフィール

YamazakiAkemi
YamazakiAkemiパーソナルヘルスコンシェルジュ 保健師・看護師(フリーランス)
心身の不調を予防するセルフケアをサポート:
治療と命、暮らしや生き方を見据えた、よりよい選択のための専門的サポート。
健康に関する研修・学習企画やセクシュアルヘルスが専門。

(https://note.com/healthlabo/n/n8087410eade2)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。