筆ペンを使いこなしてエレガントに

教養部門 美文字 ライターの前田多実です。
今回は筆ペンの横線・たて線・右払い・左払いの書き方をお伝えします。

パラレルキャリア

〈言葉の説明〉
起筆・始筆→最初に書き始める
収筆・終筆→最後に書き終わる

横線・たて線(写真 ① と ② )

横線・たて線共に起筆(始筆)は筆ペンを少し斜めにして書き始めます。筆ペン穂先の方向は、写真【とめ】をご参照ください。収筆(終筆)はしっかり止めます。


左払い(写真 ③)

起筆(始筆)は筆ペンを少し斜めにして書き始めます。最初は少し穂先を押さえて、少しずつスピードを上げて、最後は止めずに払います。

右払い(写真 ④ )

起筆(始筆)は筆ペンを軽く穂先の先だけつけて書き始めます。右払いは第1画目に書くことはないので、最初は軽く入ります。少しずつ力を加え途中で一旦止めます。最後は穂先を束ねるようにゆっくりと払います。

【木】の書き方

動画を投稿しています。(1分20秒くらい)


筆ペン初心者の方は、力加減がわからなくて字が太くなる傾向があるかと思います。そのような場合こちらの筆ペンをおすすめしています。穂先が短いタイプです。

【あかしや新毛筆】
http://www.akashiya-fude.co.jp/…/%E3%81%82%E3%81%8B%E3…/
ご参考になればと思います。

今年は年末にむけて筆ペンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

★美文字に関するご質問を募集しています。
コメント欄までよろしくお願いいたします。
最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者プロフィール

前田 多実
前田 多実美文字ナビゲーター
大阪市内梅田でペン字・書道教室をしています。 たった90分のレッスンで「あなたのくせをズバリと見抜いて美文字を伝授します。」 詳細はブログから「美文字 ナビゲーター 彩湖」で検索できます。
(https://ameblo.jp/kanjisantai)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です