健康を保つための瞑想

マインド部門 瞑想ライターの田中えりです。
先日まで開催されていた東京オリンピックで、「心の健康」を優先して途中棄権した選手のニュースがありました。近年心の健康に悩む人が増えています。

パラレルキャリア

健康な心を保つために、何かしていることはありますか?
ストレスを感じたとき、どうしていますか?

今回は、「健康」に役立つ瞑想をご紹介します。ボディスキャン瞑想と呼ばれるもので、体の各部位を感じていきます。マインドフルネス瞑想のひとつで、張りつめた気持ちが緩んだり、疲れが軽くなるなど、心と体の両面で効果が期待できます。

ボディスキャン瞑想のポイント

  • 姿勢は、座っても、横になっても、どちらでもOK
  • 横になると寝てしまうようなら、座って行う
  • 頭頂からつま先に向けて行っても、つま先から頭に向けて行っても、どちらでもOK

ボディスキャン瞑想のやり方

  1. リラックスできる姿勢をとります。
  2. 呼吸を整えます。
  3. 体の各部位に注意を向けます。
  4. そこにある感覚を感じとります。
  5. 最後に全身に注意を向けます。

時間があるときには、全身を30~45分位の時間をかけて行ってみてください。時間がないときには、10分位でもOKです。なかなか寝付けない、夜中によく目が覚めるなど、不眠でお悩みの方におすすめです。体が緩むので、寝つきが良くなり、眠りも深くなります。寝る前の習慣にすれば、睡眠の質が高まるので、心身の健康につながります。

肩こりや腰痛など、筋肉の緊張からくる不調を抱えている方にもおすすめです。続けるうちに、体の緊張が緩んでくるので、自然に体が楽になってきます。毎日行えば、体の不調や変化に早めに気づけるようになります。早めの対処ができるので、体調管理にも役立ちます。

考えすぎる癖のある方は、ボディスキャン瞑想を毎日行ってみてください。体の感覚に意識を向けることで、思考が静まります。仕事の合間にも、ぜひ取り入れてみてください。体のすみずみまで酸素を行き渡らせるイメージで行うと、スッキリします。その後の仕事がはかどるのを感じられると思います。

心と体の両方を休ませてくれるボディスキャン瞑想。自分で自分を癒してあげることができますよ。

投稿者プロフィール

たなかえり
たなかえり陰陽五行講師/マインドフルネス講師
「職場のストレスマネジメント」と「企業の離職率対策などの健康経営」をサポート。ひとりひとりの健康が会社を支える!
一般社団法人マインドフルネス瞑想協会認定講師。企業・団体にてヨガ・瞑想の指導経験は豊富。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。