ボールペンと筆ペンの持ち方

教養部門 美文字 ライターの前田多実です。
今回はボールペンと筆ペンの持ち方をお伝えします。右利きで説明いたします。

A.ボールペンの持ち方

  1. 人差し指と親指を使って 指の腹部分でボールペン をはさむ。
  2. 人差し指と親指の間は 少しすきまをあける。
  3. 中指はボールペンの裏側 に添える。
  4. 小指の側面はテーブルに つける。(力を入れすぎないよう)
  5. 人差し指と親指はそろえた位置で持たない。

ボールペンの持ち方でよく見かけるのは、親指の指の腹がボールペンにふれていない持ち方(人差し指だけふれている)。2つの指に均等に力が入るようにボールペンにふれてみましょう。

B.筆ペンの持ち方

持ち方はボールペンと同じです。違う点はボールペンより少し立てて持ちます(写真参考)。そして穂先に近づけるように持ちます。筆ペンの書き方については次回お伝えいたします。

以上ご参考になればと思います。

ボールペンの選び方は下記のリンクをご参考ください。 https://m.facebook.com/groups/698393807198180/permalink/1362787354092152/

投稿者プロフィール

前田 多実
前田 多実美文字ナビゲーター
大阪市内梅田でペン字・書道教室をしています。 たった90分のレッスンで「あなたのくせをズバリと見抜いて美文字を伝授します。」 詳細はブログから「美文字 ナビゲーター 彩湖」で検索できます。
(https://ameblo.jp/kanjisantai)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です