マスク生活で口元を美しく

美部門 口元美容ライターの島田です。
顔の印象の80%は口元が決めている!だからこそ、マスク生活のうちに口元を美しくしておきませんか?

今日はマスクがあるからこそやりやすい、お勧めの口元ケアベスト3をご紹介します。

1. リップケア

どうせ見えないし、口紅つけるとマスクでとれちゃうし…とうっかりそのままにしていませんか? マスクの中は湿度が高くなるため保湿されると思いがちですが、外した時に蒸発するため乾燥します。また摩擦や刺激も加わるため、実は乾燥しやすい状態!

→ リップケアの出来るクリームやバームを塗ってマスクをするのがお勧めです。2~3時間に1度くらい塗り直してあげると効果的です。

2. 舌トレ

口元の筋肉が衰えてくると、口角をはじめ顔下半分が下がった印象に…。舌は筋肉で出来ていて、お顔のたるみにも関係しています。

→ マスクで見えないのはチャンス!移動時間や何かをしながら舌トレして、口元をリフトアップ。効率的に口元ケアしてしまいましょう。(過去に舌トレなど口元ケアのコラムを書かせていただいていますので、気になる方はグループ内で検索してみてくださいね。)

3. 染めだし(歯垢の赤染め)

磨き残しのチェックだと思われがちな歯の汚れを赤く染め出すアレ…。磨けていなかったら注意されるし、苦手なところはわかっているし、赤く残ると格好悪いし、人に会うし、やりたくないな…という方も少なくないのでは?

→ 見方を変えることで、皆の憧れ”白くツヤツヤの綺麗な歯”を保つための手助けになります。「磨けていない」ではなく、「人から見られた時にもっと綺麗な歯になるには」という視点で考えてみてくださいね。

色がついたところは磨きにくいところです。そしてそこには、着色、黄ばみもつきやすくなります。せっかく高い美白歯磨き粉を使っても、歯ブラシが当たっていなかったらその効果は半減。どう磨いたらより白く綺麗な歯になれるのか。そのためにはどう歯ブラシを当てたら良い?是非、マスク生活のうちに研究してみてください♪

いかがでしたか? いつまで続くのかわからないマスク生活。つけ慣れていない方の中には、煩わしくストレスを感じている方もいらっしゃるでしょう。ついマイナスな面ばかり捉えてしまいがちですが、少しでもプラスに活用できたら一石二鳥ですよね。お読みくださりありがとうございました。

長いこと主に歯の面から美容をお伝えさせていただいてきましたが、次回からはまたちょっと違う面から、皆さんの美容に役立てていただけるようなコラムをお伝えしていきたいと思っております。

どうぞお楽しみに♡

投稿者プロフィール

島田千歌
島田千歌歯科衛生士
サロンLynnオーナー/歯科衛生士
銀座・越谷
「顔の印象80%は口元」口元で周りと差をつける
◆マイナス美容◆
歯科衛生士/エステティシャン(ホワイトニング&フェイシャル)
(http://s-lynn.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です