今の自分の気持ちが溢れ出す対話型アート鑑賞

マインド部門 アートと心ライターのYoko Tsugeです。
「対話型アート鑑賞」を知っていますか?アート作品を、感想、気づきや疑問などグループで話し合いながら見ていくのが対話型アート鑑賞です。

鑑賞と聞くと、専門家の解説を聞きながら見るイメージを持たれるかもしれませんが、この鑑賞スタイルはグループ内でコミュニケーションをとりながら作品を深めていく参加型の方法です。最近では美術館などアートの現場だけでなく、学校や企業の人材育成にも活用されるなど注目されています。それは、絵画などの作品の情報(誰が作った?とかどんなことが描かれている?など)の知識でみるだけではなく、芸術は広く教育や人間形成に役立つとニューヨーク近代美術館(MoMA)が教育プログラムとして開発された鑑賞法だからなのです。

具体的にどのようなことをするのかというと、絵画や彫刻などのアート作品をグループでじっくりと見たあと、鑑賞者それぞれが感想や気付いたことを出し合っていきます。ファシリテーター役の人が、グループの会話を引き出すためにこのような質問をなげかけます。

第一印象は?
何が見えますか?
どう感じますか?
どこからそう感じましたか?

ここで大切なのが「作品を正しく理解しなくては・・・」ということを手放して、自由に発想したり発言すること。それぞれが作品と真剣に向き合って、想像したり、感じたことを語り合う中で、気がつかないうちに「自分」というものが出てきてしまいます。「作品の感想を話してるのに、自分のことを語っていることに気がつき面白い」という参加者の方の感想も私もこれまでたくさん聞いてきました。

たとえば、こちらの絵で対話鑑賞をしたときに出てきた感想を一部ご紹介します。

  • 色から物憂げな感じがする
  • 男性のマント姿がみすぼらしい
  • 男女の間に距離がある
  • 柔らかい雰囲気なのと木枠の丸みで全体的に柔らかいけど聖堂の直線ががちょっと不調和な印象を受ける
  • 2人が塔を見ているようで見てない
  • 男性の背中や女性のうなじから腕の丸みから熟年夫婦のオーラを感じる
  • 女性の様子は見つめる先へ今すぐ出かけようという様子ではない
  • 男性の足が一歩前に出ていて視線の先に積極的な関心があるように感じた

色々な見方がありますよね? ここからさらに、どの部分からそう思ったのか?さらにどう感じますか?の質問を繰り返しているうちに、発言者の悩みや思考にたどりつきました。

  • 責任がありそうなことから逃げている
  • 理想に向かうか? 諦めるのか?
  • 頼るのがいや

これが、”たかがアート鑑賞”ではなく、”今の自分の気持ちに気がついてしまうアート鑑賞”でもあります。

どう感じられましたか?
ぜひこんな質問を自分に問いかけたり、グループで対話鑑賞をしてみてください!

第一印象は?
何が見えますか?
どう感じますか?
どこからそう感じましたか?

投稿者プロフィール

TsugeYoko
TsugeYokoアートエデュケーター / 会社員
思考中心の生活に、感じることを優先した時間を少し取り入れて、自分の好きや情熱はどこにあるのか意識してほしい。
日・英の大学で美術を専攻し視野をひろげ、ものごとのとらえ方を変えてきた経験を「こんな自分でありたい」個性を大切にする人のためのアート鑑賞時間を提供しています。

(https://cosinessandadventure.com)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です