ネガティブ感情に蓋をしない

マインド部門 心の健康管理ライターの山崎明美です。

言葉にできるまでが苦しい

“明るく”、“いきいきと”、“前向きに”、“ポジティブに”、“ありのままに”、“自然体に”、“しなやかな心で”、“のびやかなきもちで”などのような言葉を目にすることは少なくありません。「悩みも見方をかえて、うまく付き合いましょう」「心の苦しさを吐き出してすっきりしましょう」というような記述を目にすることもあります。

けれど、すぐに見方を変えたり、すぐに他者に苦しみを吐き出せたりするなら、人はそう悩まないともいえます。つらい、悲しい、とまどい、怒り、不安などの気持ちを言葉にすることができるまでの時間が、より苦しいのではないでしょうか?

ネガティブ感情は大切なもの

心を健康に保つには、プラスとマイナス、ポジティブとネガティブ、陰陽、の感情のバランスが大切です。人は、誰でも、ネガティブな感情を持つものです。恨み、妬み、嫉む、ひがみ、拗ねる、未練、嫌い、怒り、不安、といった、およそありがたいと思えない感情が、私たちの中に湧きあがる時があります。物事に陰陽があるように、私たちの感情にも必ず陰陽があり、ポジティブな感情と同じくらい、ネガティブな感情を大切に取り扱ってあげることが必要です。

これらの感情に対して、無かったことにする、押し込める、見て見ぬふりをする、といった【蓋をする】のは、心のバランスを保つのに適切とはいえません。その感情が無くならないのならば、いつかどこかで顔を出してきます。押し込めるほどに、顔を出してほしくないところで、吹き出してしまうこともあります。ネガティブな感情は、いま、自分がつらい・悲しい・苦しい・怒っているといった、心の状態を教えてくれる大切なものです。自分がいま、これらの感情を持っているんだなあと、自分の感情を自分が受け止めて、その感情を「自分が」承認することが大切です。

また、そのような感情があること自体を認めたくないことがあるものです。その時は、いま、自分はネガティブ感情がある自分を認めたくないんだな、と【蓋をしない】で一旦受け止めるだけ。受け容れなくてもいいのです。ネガティブ感情を抱えている間、例えば、自分が好きな場所に行く、自然の中に身を置くなどの環境を変えたり、快適なことを自分にしたり、自分をいたわることが大切です。そして、揺らぐ感情とうまくつきあえるようになると、心の筋力がついていきます。

投稿者プロフィール

YamazakiAkemi
YamazakiAkemiパーソナルヘルスコンシェルジュ 保健師・看護師(フリーランス)
心身の不調を予防するセルフケアをサポート:
治療と命、暮らしや生き方を見据えた、よりよい選択のための専門的サポート。
健康に関する研修・学習企画やセクシュアルヘルスが専門。

(https://note.com/healthlabo/n/n8087410eade2)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。