ボールペン

教養部門 美文字ライターの前田多実です。
今回はボールペンについて。最近ボールペンの種類が増えてきました。さて自分に合うボールペンは?

選ぶのに迷いますよね。
そこでボールペン芯の硬さ、軟らかさ、太さなどの選び方をお伝えいたします。

まず、ボールペンには油性インク・水性インク・ゲルインク の3種類あります。

油性・水性・ゲルの違いとは

こちらを参照

そして、ボールペンのメーカーは主に

  • ゼブラ
  • パイロット
  • ぺんてる
  • 三菱鉛筆(UNI)

があります。

1つ1つメーカーの特徴をみてみると、ゼブラ→マジック(マッキー)。パイロット→万年筆。ぺんてる→筆ペン。三菱鉛筆→えんぴつ。と思われます。このように、軟 → 硬 で言えば、筆ペンマジックえんぴつ万年筆の順になるかと思います。

そこで、ボールペン芯の硬さ・軟らかさを比較すると、
硬い → 軟らかい
パイロット(万年筆)→ 三菱鉛筆(えんぴつ)→ ゼブラ(マジック)→ ぺんてる(筆ペン)
です。(これは私の主観的な見方です)

各メーカーの代表的なボールペン
ゼブラ → SARARA、スラリ
パイロット → HI-TEC、フリクション
ぺんてる → エナージェル、ビクーニャ
三菱鉛筆 → シグノ、ジェットストリーム

筆圧の強い方は硬めのボールペンを選びがちですが、これは手が疲れやすい原因になります。ちなみに私は筆圧が強い方なので、ぺんてるやゼブラのボールペンを使っています。教室では、ゼブラのサラサ、三菱鉛筆(uni) のシグノ、をご用意しています。

次にボールペンの太さです。一番最適なのは【0.5】です。オールマイティーに使えます。但し、筆圧の弱い方は【0.7】筆圧の強い方で、軟らかいボールペンの芯を選ぶ場合は【0.4】など、太さの種類も多数あります。

こちらは何に書くか(メッセージカードから大きな封筒まで)により、太さを選ばれるとよいかと思います。大きな文具店などは試し書きもできます。

以上ボールペンを選ぶときの参考になればと思います。

投稿者プロフィール

前田 多実
前田 多実美文字ナビゲーター
大阪市内梅田でペン字・書道教室をしています。 たった90分のレッスンで「あなたのくせをズバリと見抜いて美文字を伝授します。」 詳細はブログから「美文字 ナビゲーター 彩湖」で検索できます。
(https://ameblo.jp/kanjisantai)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です