いまの自分にとって「ベストな働き方」とは?

キャリアライターの山下いずみです。
突然ですが皆さんは「働き方」を自分で選んでいますか?

理想的な働き方を選ぶ

少し前から言われていたことですが、正直、私は「これができるのは一部の人だけ」と思っていました。自分のスキルに自信がある、キャリアプランが明確に描けている、人だけ。大半は「これまでの」働き方のまま行くのだろうと。。しかし、昨日ある求職者の方から出た言葉を聞き「選べる自分にならなくてはマズい!」と痛感したのです。

仕事内容は良いのですが…そのお仕事、ボーナスないんですよね?

えーっ💦ボーナスは…
(会社の業績が悪ければ出ませんよね?心の声)

確かに、すこし前まで「正社員」という働き方を選ぶと

  • 安定した雇用
  • 賞与や退職金制度
  • 昇給昇格が見込める → 責任のある仕事ができる
  • 福利厚生や研修が充実が保障される

と言われていました。

“安定”を求める方にはベストな働き方だったと思います。しかし、コロナによる業績悪化の影響を受け、「雇用が保障されるかわからない」「業績が芳しくなければ、連動して賞与額も減少 or カット」等、が現実となっています。その場合、ボーナスの有無で仕事を選んでよいのでしょうか?
ボーナスは一例。私たちが頭の中で「当たり前に」思っていたことが、今もこれからもどんどん変わる可能性があります。

彼女の場合【正社員=安定=理想】を、もう一度見直してもらう必要があったのです。

理想の働き方や仕事を見つけるために

働き方、仕事の選び方に「正解」はないし、私にも「この働き方がベスト◎」と言い切ることはできません。自分が
“何を目的として”日々働いていくかを明確にして、働き方を選びましょう。

例えば

  • お金のため
  • 自分のため(やりがい等)
  • 家族のため
  • 将来のスキルアップのため
  • プライベートを満喫するため

など。

人それぞれ環境も、価値観も異なるので、目的もまったく違うはずです。決めるのってなかなか難しいですね。でも、私がどうしたいか、ですよね。受話器の向こうで、彼女はちょっと泣きそうでした。不安で仕方なかったと思います。不安は当然です。今までの価値観が通用しなくなってしまったのですから。でも自力で不安を乗り越えたあと
きっと「私は〇〇したい、〇〇を大切にしたい」が見えてくるはず。焦らず、ひとつひとつ「自分で選べる」私になりましょう♪

「コロナをきっかけにこんな選択をしたよ!」など、実体験や「こんな時はどう選べばよいの?」などありましたら、コメント欄でシェアしていただけると嬉しいです。

投稿者プロフィール

山下いずみ
山下いずみキャリアコンサルタント
『働くことは生きること』
人材エージェントで「企業」と「人」を繋ぐコーディネーターとして20年勤務、3000人以上の転職支援に携わる。
一方、個人では
「転職しなくてもいい」キャリア相談を実施中。
~しなきゃ、すべきの「正解思考」で頑張るアラフォー女性が、「~したい、しよう!」と自分の直感や可能性を信じて一歩踏み出せるようになることを目的にセッションを行っている。
1974年9月生まれ/神奈川県横浜市出身
趣味は野球観戦!待望のプロ野球も開幕、地元横浜DeNAベイスターズの優勝を願い、熱い声援を送る日々を過ごしている♪
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です