自分で自分の変化、成長に気づく

皆さま、こんばんは。
キャリアコンサルタントの山下いずみです。

今夜もちょっと手を止めて「わたしの生き方、働き方」を考える時間にしていただけたら嬉しいです。

早速ですが、今年も3週間あまり、あっという間でしたね。皆さんにとって、今年はどんな年でしたか。

この一年、私は成長できたのだろうか?
コロナのばたばたであっという間に終わってしまった、何もできなかった。。。

週末、久しぶりに会った友人がそんなことを言うので「ちょっと待ってよ!」と思わず声をかけてしまいました。その時に感じたこと考えたことを今日はシェアさせてください。

■「成長とは何か」

人は他人の変化や成長には気づきやすいのに自分の変化や成長には気づきづらいもの。それはなぜか?

他人の変化や成長は表情、態度、行動など目に見えてわかりやすいのですが、自分の変化や成長は…自分で見ることができませんよね。だからつい、目で見てわかりやすい「年収が上がった」「昇進・独立した」「〇〇円稼いでいる」などの軸で自分の変化、成長を判断しがち、世間や他人と比べがちです。
そこで皆さんにご紹介したいのは【“過去の自分”と今の自分を比べる】視点です。

方法は簡単。
手帳を用意して半年前、一年前の自分が何をしていたか、どんなことを感じていたか、振返ってみるだけ。こうすることで自分自身の変化や成長に気づくことができます。

特に今年は新型コロナウイルス感染症の影響で新しい働き方、暮らし方への変化を求められることになりました。先が見えず、不安も大きかったと思いますが

〇ストレスや不安に負けずに、新しい働き方に適応できている。
〇日々楽しみながら過ごせている。

のは素晴らしいこと。そんな自分の変化を認めて、労ってあげることが大切だと私は思います。
私自身のことでいうとコロナの影響で3月末に急きょ職場異動が決定、4月は、まるまる自宅待機を命じられた時は「どうしよう💦」と言葉にならない不安でいっぱいでしたが、自宅待機中、たまたまSNSを通じて知った

〇エールプロジェクトとご縁ができた!
刺激をもらえるメンバーの皆さんと交流が生まれ、コラムまで書かせていただけることに!

苦手だった「お金」にも向き合わざるを得ず

〇「お金との付き合い方」を前向きに考えられるようになった!自宅待機中、人事に交渉して

〇副業申請を出した!

など「コロナがあったから」出来たことも沢山ありました。
ぜひ皆さんも“一年前の自分”と今の自分を比べて変化や成長に気づき、自分を労ってあげてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

山下いずみ
山下いずみキャリアコンサルタント
『働くことは生きること』
人材エージェントで「企業」と「人」を繋ぐコーディネーターとして20年勤務、3000人以上の転職支援に携わる。
一方、個人では
「転職しなくてもいい」キャリア相談を実施中。
~しなきゃ、すべきの「正解思考」で頑張るアラフォー女性が、「~したい、しよう!」と自分の直感や可能性を信じて一歩踏み出せるようになることを目的にセッションを行っている。
1974年9月生まれ/神奈川県横浜市出身
趣味は野球観戦!待望のプロ野球も開幕、地元横浜DeNAベイスターズの優勝を願い、熱い声援を送る日々を過ごしている♪
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です