理系ファッションアドバイザー的 お買い物時間を短縮する方法

ファッションライターの川口香織です。
パラレルキャリアの皆様は、様々な活動をしていて、日々忙しいですよね。服の買い物ではじっくり時間をかけて選びたいのに、時間が足りない・・・
そんな貴女に、理系ファッションアドバイザー的「お買い物時間を短縮する方法」をお伝えします。

素敵な服でも試着してみると、残念になる理由

こんな経験はありませんか?

マネキンが着てると素敵だったのに、自分が試着したら残念・・・。服単体で見たらかっこいい、マネキンが着ていたらかわいい。でも自分が着ると魅力が半減する。理由は貴方には似合っていないからです。

A. 1+1 = 2
B. 1+1 = 10
C. 1+1= -5

算数での答えは A のみ。ファッションにおいては 、B も C も有り得るのです。

たとえば、こういうこと↓
B:1,000円の服が1万円に見える
C:10万の服が3000円に見える

私自身も、苦い経験があります。誰も褒めてくれない 2 万円の黒いカーディガンを買った事もあれば、1500円の Uniqlo のワンピースがめちゃくちゃ褒められた事もあります。

買い物に時間がかかる理由

主な理由は主にこの4つ。

理由①:どんな服を選べばよいのか、わからない
理由②:どの店に行けばよいか、わからない
理由③:試着するまで似合うかわからない
理由④:似合っているのか、自分では判断できない

それぞれの理由、解決法は以下をみてくださいね!

[理由①]どんな服を選べばよいのか、わからない

自分に似合うテイストの服、知ってますか?
自分に似合わない服の特徴、知ってますか?

両方とも大事です。NG項目も知る、というのが案外難しい所。「原色は似合わない」「堅い生地は似合わない」「チェック柄は似合わない」「飾りが少ないと寂しい」などです。色・柄・形・素材、それぞれの項目ごとに比較検討してみてください。検証するのは一要素のみ。同じ服の色違い、同じ色の型違いなどです。

そして、消去法がオススメです。ご自身では判断が難しいという場合は、プロにファッション診断をお願いするのは更に時間を短縮できますよ。(私も承っております☆)

[理由②]どの店に行けばよいか、わからない

アパレルブランド毎にテイストが異なる。だから、個人とブランドの相性があるのです。
たとえば洗練感がテーマな方は、COMME CA, nano universe などのスタイリッシュなものが似合いますし、ナチュラルな雰囲気いであれば Muji、リラックス感があるカジュアルであれば Ron Harman などなど。

特定の店舗が自分に合ったテイストかわからない!そんな時は店舗のインテリアやロゴをチェックしましょう。自分がなんとなく惹かれる内装・ロゴ・HPのお店は貴方に似合う服と出会える可能性が高いサインです。

[理由③]試着するまで似合うかわからない

こだわって買い物をしたいのならば、試着は必須です。たとえばコートなど高価なものを購入する時は特に。脱いでは着て、脱いでは着て・・・何度も繰り返すと疲れませんか?
試着によって確かめたい内容は「似合っているか」と「サイズ感」です。大抵の場合は、この 2 つともを見極めなければならない。それゆえ試着しなければならない枚数が増えます。

何が似合うかを知っていれば、あれやこれやと何種類もの服を試着する必要はありません。「似合う」とわかっているもののサイズ違いだけを試せばよいになります。時間短縮!体力も温存できます。
自分に似合う服のツボを抑えておけば、試着する前から、顔に当てる前から、どの服が似合いそうか、判断できる。何が似合いそうか、の試着前判断は、経験がモノを言います。

[理由④]似合っているのか、自分では判断できない

試着したものが自分に似合っているのか、わからないことはありませんか?辛口の友人や家族と一緒に買い物に行くのがオススメです。

その色は10歳位老けます
このデザインの膨らみは作業着っぽいです
分厚いリブが体育着みたいになります

これらの辛口コメントは、全て私がお買い物同行中に伝えたことがある内容です。ちょっと口が悪いですよね(笑)。似合わないものは似合わない、とハッキリ伝えてあげる方が、親切です。辛口であっても、本音を言ってくれる人。そんな人と一緒に買い物してみてくださいね。

そんな辛口な友人いない!時間が合わない!という方に、おすすめの方法は試着姿の写真を撮ることです。 その場で服を着た自分を鏡で見ても、客観的に見ることはできません。家族や友人に「これってどう思う?」と聞いてみるのです。
Instagramの投票機能なんかもオススメです。

店員さんが知らない貴女の事

自分に似合わないかもしれない・・・と思っても。美しく店舗に並べられた服を見れば心がときめくもの。もちろん、店員さんは「お似合いですよ~」と言います。 店舗で働く店員さんは服の魅力を私以上に知っています。 けれど、店員さんは貴方に何が似合うのかは知らないのです。

自分のことを一番知っているのは、自分自身。客観的に見たら、言語化したら、どうなるだろう? 新しい洋服を買う前に、ぜひご自身と対話してみてください。きっと貴女だけの答えが見つかります。

投稿者プロフィール

川口香織
川口香織自分を好きになるための理系ファッションアドバイザー
自分を好きになる理系ファッションアドバイザー
イギリスかぶれ/江戸っ子/2児の母
Anglicised Japanese/Mother of two girls

理系ファッションアドバイザー・講師・ライターをしています。2019年までIT企業の会社員でした。元々理系オタクでオシャレに疎かった私だからこそ、理系だからこその切り口でファッション分析や解説をしています。
(https://kaorik.hatenablog.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です