瞑想ってどうやってやるの?

ヘルスケア部門 瞑想ライターの田中えりです。
「瞑想をやってみたいけど、なんか難しそう」
「無になるなんて、私には難しい」
そう思っていませんか?

瞑想は心を整えるひとつの手段。無になることが目的ではありません。今日は、瞑想のいちばんの基本、呼吸瞑想のやり方をお伝えします。

やり方はとても簡単!
「姿勢を整えて、呼吸に意識を向ける」
これだけです。難しくないです。

姿勢のポイントは3つ。

  1. 骨盤を起こして
  2. 背骨を気持ちよく伸ばして
  3. 肩や首の力を抜く

姿勢を整えたら、呼吸の感覚に意識を向けていきます。鼻先の空気の流れを観察します。お腹の膨らみ縮みや、胸が上下する感覚でもいいです。呼吸はコントロールせず、自然な呼吸を意識します。

忙しい日常の中で、少しだけ立ち止まる時間をつくってみてください。今ここを感じてみてください。

瞑想は心の筋トレ。続けていくと、瞑想のさまざまな効果を実感できるようになってきます。まずは、1日1分からでもOK!朝起きてから、お昼休み、寝る前など、やる時間を決めると習慣化しやすいですよ。

投稿者プロフィール

たなかえり
たなかえり陰陽五行講師/マインドフルネス講師
「職場のストレスマネジメント」と「企業の離職率対策などの健康経営」をサポート。ひとりひとりの健康が会社を支える!
一般社団法人マインドフルネス瞑想協会認定講師。企業・団体にてヨガ・瞑想の指導経験は豊富。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です