「信頼がお金を生む」所作や身だしなみ(1)

教養部門 グローバルマナーライターの砂田ちなつです。
時代を問わず「品」がある方は自然と「信頼」を生み、そこからビジネスに発展し売り上げにもつながっているのではないでしょうか。

いくら実力や学歴があっても、この「品」が無ければほとんどの方はその方とはお付き合いをしたいとは思わないことも事実です。今月と来月2回に分けてデジタル時代になっても変わらずに求められている「品」を醸し出せるコツをお伝えしていきたいと思います。

まず、1回目の今日は「身だしなみ編」です。

キーワードは

  • 服装
  • 髪とスキンケア
  • オーラルケア
  • バッグ
  • 格を合わせる

項目ごとにご説明をしていきます。

■服装

おしゃれをすることはとても大切な事です。だた、ビジネスや大人のお付き合いとなると個性を尊重するよりは、TPOに合わせて選ばれるのをオススメします。『ファッションはお相手に敬意を表すアイテム』という事を意識してください。また、年齢相応のファッションや職種に似合った洋服選びやブランド選びをされることで、印象がさらに良くなります。

■髪とスキンケア

身だしなみとしての基本となります。特に年齢が上がるに従って髪のお手入れをおろそかにしてはいけません。神は髪に宿ると言われるほど、あなたの現状や性格を写す鏡になっています。髪のお手入れ具合は意外とチェックされていることをお忘れなく。また、スキンケアも大切です。肌がボロボロだと健康的に見えませんし不摂生をしているように印象付けられるのでビジネスにおいても自己管理のできない方というイメージを与えてしまいます。

■オーラルケア

商談や面談の際にはお相手と至近距離で話すことが多くなります。その際に注意したいのが口臭。匂いが気になってもお相手に伝えにくい事もあり自分では気が付いていないことも多いです。知らずにお相手を不快にしてしまっていることもあります。 また、歯の黄ばみや歯並びもケアしたいですね。日本ではあまり歯並びに対して意識されていない方も多いですが、海外だと歯並びが悪いと評価が低くなってしまいます。定期的なメンテナンスをオススメします。

■バック

時々、女性でも使い果たしてボロボロになったバッグを持ち歩いている方がいらっしゃいます。古くなっても長く使うのは良い事なのですが、お手入れをして大切に長く使うのと、ボロボロになっても使い続けるのでは印象はかなり変わっていきます。バッグは大切なあなたのビジネスツールの1つ、大切な書類やパソコン、手帳などを入れて持ち運ぶものなのでバッグにも気を使う事をオススメします。安価なもので、ダメになればすぐに買い換えられるものにするか、質の良いものでお手入れをしながら長く使い続けられるものにするか皆さまそれぞれのお考えですが、いずれにしても見た目が綺麗なバッグをお持ちください。

■格を合わせる

先日、私が尊敬するある女性経営者の方が「格を揃えることが大切」とおっしゃっていました。その理由を聞くととても納得をしたのでシェアしたいと思います。食器でも、ファッションでも人でも全て格を合わせることでバランスが整うものです。素晴らしい高価な食器のセットにカトラリーだけはプラスチックのモノを用意したり、ボロボロのバッグの中にお財布だけはハイブランドの素敵なものにしたりすると第3者から見てもバランスが取れていないと明らかに分かります。これは、信用も失いかねないです。

また、一番気を付けなくてはいけないのが人です。交流会やプロジェクトなどでも思考が違っていたり、価値感が違うと打ち解けられないものです。(向上心がある方は大歓迎です!)そうなると、そのグループでの居心地が誰もが悪くなってしまうので、ある程度同じ感覚を持っている方を揃えると良いですね。

ご参考にしていただけると嬉しいです。次回は「所作編」をお伝えいたします。

投稿者プロフィール

砂田ちなつ
砂田ちなつAtelier Juillet 代表
◆女性をファッション、マナー、メイク、立ち居振る舞い、プロフ写真撮影からマインド設定まで“砂田ちなつ流 オールインワンブランディング”でサポートし、『なりたい』自分にブラッシュアップできるサロンオーナー
◆趣味は旅行で、18か国 52都市を今までに訪問
◆フランス、イタリアなどの大使公邸でのパーティーやお茶会へも毎年参加
◆戦略的SNSブランディンディングの専門家
 集客を不要にする継続サポート納品中
◆エールプロジェクトbyパラレルキャリア推進委員会
 ライター「グローバルマナー部門」担当
(https://www.a-juillet.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です