ハーブティーで紫外線対策

美部門 美容(ハーブ)ライターの吉村ゆきです。

さて、暑い日が続いていますね。
夏になると気になるのが「紫外線対策」ではないでしょうか。

日焼け止めも塗るけれど、何度も塗り直していられない。
特に小さなお子さんがいるママとなると、
外遊びは増えるし、塗り直すこともなかなか難しいですよね。
(私もうっかり忘れちゃう!!)

そこで、今回は、水分補給をしながら、
いつの間にか紫外線対策ができるハーブを
ご紹介したいと思います。

紫外線対策用のハーブは、実は何種類かあるのですが、
一番のおすすめは「ビタミンCの爆弾・ローズヒップ」
「ビタミンCの爆弾」と言われるくらいビタミンC豊富なハーブです。
含有量はレモンの10~20倍とも言われています。

そんなビタミンCの働きは

・コラーゲンを作る(シワ予防・傷が治りやすくなる)
・免疫力を高める
・メラニン色素生成抑制(シミ、そばかす予防)

などがあります。

なので、ハーブティーを選ぶ際に、
ローズヒップがブレンドされている物を
選んでもらうといいのですが、

さらに、もう一段階踏み込むと
ハイビスカスはローズヒップと相性が良く、
ビタミンCの吸収率をアップする成分が含まれているため、
ローズヒップとハイビスカスが
ブレンドされているハーブティーを
これから紫外線が気になる時期には、選んでみてください。

ただ、ハイビスカスは酸味が強いハーブなので、
酸味が苦手な方はハチミツを混ぜると
とっても飲みやすくなりますので、
ハチミツを混ぜてみてくださいね。

今年の夏は、ハーブを取り入れて
内側から美しく健康に輝きましょう。

投稿者プロフィール

吉村ゆき
吉村ゆきハーブ・自然療法スクールSOL主宰・ビューティーハーバルライフクリエイター
自分自身がハーブ・自然療法を取り入れる事により、生理不順・冷え症・低体温・乾燥肌を改善、向き合ってきたこと。また、ハーブを通して自分自身と向き合い、自分の意見を発信出来るようになった経験をいかし、健康と美しさだけでなく、自分らしさと繋がる事が出来るハーブ・自然療法の使い方を発信中。
美と健康、自分の幸せに積極的になりたい女性のサポートに取り組む。
1985年2月生まれ 大阪府大阪市在住
現在、臨床心理士、公認心理師としても勤務中
2018年には、当時3歳の子どもと2人、自然療法大国ドイツへと自然療法留学へ
趣味は、ハーブ・アロマ、煎茶道、紅茶、今は自粛中ですが旅行。最近、自然農法で農業もスタートしました♪
**教室ブログ**
(https://ameblo.jp/herbkitchen)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です