起業・副業のお得情報 Part1 青色申告

教養部門 お金ライターの増田かづさです。

起業・副業に興味があるけれど、何から始めればよいのかよくわからない、、、開業したものの、お得な制度を見逃していないかな、、、

そんなお悩みをお持ちの方に、教養部門―お金(フリーランス)担当として、今回から全3回「フリーランスが知っておきたい起業・副業のお得情報」をお届けします。第1回目は「青色申告制度」についてざっくりとご紹介します。眠くならないようにクイズ形式でいきますので、お付き合いいただければ幸いです。

☆マネリテクイズ①☆

確定申告には〇色と〇色があります。何色でしょうか?


正解は、青色と白色です。

開業すると、日々の取引を帳簿に記録、保存する必要があります。そして、帳簿をもとに、1年間のいわば「成績表(決算書)」を作成し、納税額を計算するために「確定申告書」を作成します。確定申告の方法には、青色申告と白色申告があります。青色申告は、簡単に言うと「ルールを守れば税金計算が有利になる申告方法」です。一定の期限までに事前の申請が必要なので、申請しないと自動的に白色になります。

☆マネリテクイズ②☆

青色申告すると、どんなお得があるのでしょうか?


主なメリットは下記のとおりです。

① 最高65万円税金を計算する上での”経費”が増える

② 家族に給与を払って経費にできる

③ 個人事業主は3年間赤字と翌期以降の黒字を相殺できる

④ 赤字を1年前の黒字と相殺できる

⑤ 30万円未満の少額減価償却資産を一括で費用にできる(白色申告は10万円未満のみ)

上記のメリットはすべて「税金を安くすること」につながっています。開業直後は赤字になることが多いので、最初から青色申告にしておけば初年度の赤字と翌期以降の黒字を相殺して将来の税金を減らすことができます。





☆マ
ネリテクイズ③☆

青色申告はどうやって始めればよいのでしょうか?


青色申告を開始するためには、税務署に「青色申告承認申請書」を提出します。申請書は、原則として、開業日から2か月以内(開業日が1月1日~15日の場合はその年の3月15日まで)に提出する必要があります。今年開業した方はすぐに申請しましょう。ちなみに、開業届と青色申告承認申請書を作成する際には、開業freeeを使えば5分で無料で簡単に作成できます。
https://www.freee.co.jp/kaigyou/

☆マネリテクイズ④☆

青色申告のメリットを享受するために事前申請後守るべきルールは何でしょうか?


税金計算上有利になるためには、下記のことを守りましょう。

① 複式簿記形式で正しく帳簿を付ける

② 帳簿保存(5-7年)

③ 期限内の確定申告


複式簿記と聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、今はマネーフォワードクラウド確定申告やfreee、弥生の青色申告オンラインなどの便利なクラウド会計ソフトが安価で利用できます。クラウド会計ソフトを上手く活用すれば、個人事業主の帳簿付けは決して難しいものではありません。現在では白色申告でも簡易な帳簿付けの義務はありますし、正確に帳簿をつけることで経営状況を理解、改善しやすくなり、視野も広がるのでぜひ挑戦されることをオススメします。


☆マネリテクイズ⑤☆

青色申告特別控除65万円を満額可能にするためには、どうすればよいの?


特別控除65万円は、e-taxによる申告または電子帳簿保存をしている方が対象です。ちなみに、両方していない場合は55万円になります。65万円の青色申告特別控除をうけるための要件の詳細は国税庁HPで確認できますが、個人的には手間があまりかからないe-taxによる申告がオススメです。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf





「フリーランスが知っておきたい起業・副業のお得情報」第1回目は青色申告制度をざっくりご紹介しました。ポイントは以下の3つです。


① 確定申告の方法には青色申告と白色申告がある。青色は最高65万円税金を計算する上での“経費”が増えるなどのメリットがたくさんある

② 青色申告のメリットを享受するためには、事前申請や複式簿記による記帳・帳簿保存など一定の要件を満たす必要がある

③ 制度変更により、令和2年分の申告から65万円の満額を税金計算上の“経費”にするにはe-tax申告もしくは電子帳簿保存が必要である



個人事業主の方は、青色申告承認申請書を提出して、ルールを守ってお得にフリーランス活動していきましょう。

投稿者プロフィール

増田かづさ
増田かづさ税理士
妊活・育休・帯同中すべてのライフステージの女性の起業・副業・マネリテアップを応援中
転勤族歴 東京→福岡→大阪→東京→ジャカルタ→東京(今ココ)
ネコとコーヒーと食洗機が好き
かづさ税理士事務所(http://cazusa.com/)
帯同者のキャリア応援サイト(http://expatfamily.net/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です