アンチエイジングダイエットにおすすめな食材

美容ライターの清水正美です。

最近あいさつのように交わす言葉が
「すっかりコロナ太りでして。歳をとると代謝が悪くなりますよねー」

その代謝のために食べたいものは?

ずばり!

赤身肉です。

赤身肉には、

体内の脂肪をエネルギーに変えるアミノ酸の一種「L-カルニチン」が多く含まれてます。

羊肉に一番多く含まれています。

ちなみに低脂肪、高タンパク質でよくダイエットをされる方が好む鶏肉のL-カルニチンは羊肉の1/26です。

赤身肉は鉄分も多く、

血流をあげるので貧血予防や冷え性改善にもよいお肉です。

L-カルニチンは肝臓で一日約10mg作られますが、年齢とともに減ります。

これが原因で代謝が悪くなり、

太りやすい体質になります。

年々減るL-カルニチンを多く含む羊肉、牛肉、ジビエを食べてL-カルニチンを補充すると代謝がアップしますよ。

私たち人間は動物ですので、

植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の方が吸収がいいのです。

週に三回は赤身肉を召し上がることをおすすめします。

投稿者プロフィール

清水正美
清水正美アンチエイジングダイエットコーチ
アンチエイジング×ファッション×自己啓発で、あなたの理想の人生をお手伝いします。
クライアントは三か月で13kgのダイエットに成功し、理想の場所に住む夢を叶えました。
アマゾンプライムにて配信中。
1967年1月生まれ/群馬県出身
マレーシア航空を経て現在は欧米系航空会社に勤務している接客業30年のプロフェッショナルです。
(http://ameblo.jp/sky-passion)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です