お金が2倍になる期間が簡単にわかる!72の法則

皆さま、こんにちは!
お金部門ライターのMoritaです。

突然ですが、72の法則ってご存知ですか?
投資の世界では有名なこの法則、複利の効果によりお金が2倍になる期間を簡単に計算でできる方程式なのです。

例えば!
金利3%でお金を運用したい場合、何年で2倍になるか?という計算は、「72÷3(金利)=24」となり、約24年で元本が2倍になることがわかります。
また、元本を10年で2倍にするには、何%で運用する必要があるか?を計算する場合は、「72÷10(年)=7.2」となり、7.2%で運用すれば達成できることがわかります。

ちなみに100万円をメガバンクの普通預金に預けていた場合、何年預ければ2倍の200万円になるでしょうか?

上記の計算式にあてはめると、
「72÷0.001=72,000」
なんと、72000年もかかります・・・。

(途方もない時間なのはわかりますが、ちなみに72000年前地球で何が起きていたかというと、現代人ホモ・サピエンスとかネアンデルタール人がいた頃の話でした。)

実はこの計算式は、投資だけではなくお金を借りる際にも活用できます。

例えば、
金利18%でお金を借りた場合、「72÷18(金利)=4」、4年で2倍になります。
金利12%で借りる場合は「72÷12=6」、6年で2倍になります。

クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用する場合は、だいたい12〜18%の金利が設定されていることが多いようですので、利用した後に「こんなはずでは!!」とならないようにこの計算式、是非覚えておくといいかもしれません。

*この方程式で出てきた数字は大まかな数字で正確な数字ではないので、あくまで参考としてご活用ください♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者プロフィール

MoritaNatsuki
MoritaNatsukiクリエィティブコーディネーター
フルタイム会社員として働きながら、パラレルキャリアを目指しデザインの勉強を始め、現在はクリエィティブコーディネーターとして活動しています。

金融ワカラナイ女子のためのコミュニティ「きんゆう女子。」オフィシャルメンバー第1期としても活動中。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です