広報は資産づくり

PRライター植竹希です。

そもそも企業の広報担当者や個人起業家が広報活動を
するのは何故でしょう。

「雑誌やメディアに取り上げられる」

「有名になる」

「売上が伸びる」

こんな図式をイメージしているのかもしれません。

自分のクライアントには
はっきり申し上げているのですが
広報活動で急激に売上が伸びることはありません。

むしろ、広報=売上 
を信じているのなら
広報活動は行わない方が良い。

例えば、あなたが◇◇新聞に取り上げられたとしましょう。

嬉しいですよね。

「あーよかった!!(終了)」

これ、絶対NGです。

むしろここからが勝負。
広報活動の開始です。

・記者に取り上げられた記事のお礼
・タイミングを見計らい次回のお知らせとアポイント
・オンタイムで自社メディア、外部メディアで拡散
・メディアファイルにファイリング。いつでも持ち出せるようストック

広報活動は
短期的な売上施策ではなく、
長期的な売上をつくるための資産づくりなのです。

想像してみてください。
会社の紹介をしていて、
その会社や経営者が取り上げられている
メディアの実績を提示できれば
信用力がグッと上がるはずです。

この資産づくりを継続できずにやめてしまったら、
メディア露出も単なる時間の無駄遣いになってしまいます。

あくまでも私の経験上ですが、
この“コツコツ”を続けられない企業が何と多いことか。

後々ボディーブローみたいに効いてくるのに、勿体ない!

この広報視点、実はあなたの「スキル」「実績」とも似ています。

コツコツ重ねてきたことは何ですか?
何なく、無理なくデキること、頼まれることは?

それは間違いなく、あなたの資産、財産です。
いつでも引き出せるように棚卸、ストックをしておきましょう。

投稿者プロフィール

植竹希
植竹希株式会社メディカルデザイン代表取締役/メディア戦略プランナー・ディレクター
メディア戦略プランナー。伝えたいことを伝えたい相手に届けるためのPR・プロモーションのプラン・ライティング
(https://design-m.jp/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です