広報と経営者、実業家

PRライター植竹希です。

「広報と経営者、実業家」。

一見かけ離れているように見えるかもしれませんが、

実は優秀な経営者、実業家ほど広報を重要視しています。

ここでは、この人こそ「広報視点のある経営者・実業家」と考える方と、
その広報的なエピソードや発言をご紹介。

 

【トヨタ社長・豊田章男氏】

就任当初に彼が直面したのは米国リコール問題。
「就任当初」ですから、もちろん彼が問題を起こしたわけではありません。

ですが、人のせいにせず、すぐに頭を下げる姿勢が評価されました。

謝罪上手こそ一流のPRパーソン。
さすがですね。

また、こんなこともおっしゃっています。

“トヨタという大企業をパーソナライズ、顔が見えるようにしたい”

“例えばいろいろなイベントでトークショーにサプライズで出る”

“自分のアンテナを、現場に近いところへ持っていって情報を取っているのだと思います“

(ことばのチカラ.JPより引用)

 

【堀江貴文氏】

今も世間をお騒がせしつつ、活躍中のホリエモン。

彼ほど広報、PRを重視し続けている実業家はいないんじゃないでしょうか?

実際、Youtube上で「広報」と検索すると、
まっさきに出てくるのがホリエモンの広報チャンネルです。
その番組内のでも、「広報とかPRのことしか、考えてないよ」とも言っています。

こんな発言もまた彼らしい。

“良い商品を作りさえすれば、自然とお客さんが集まってくるだろうと本気で思いこんでいる人が意外に多いのです”

“女の子を口説くときのことを考えれば、この思い込みがいかにばかばかしい話かわかります”

“女の子が寄ってこないので、自分はモテないと思い込んでいる人がいます”

“でも、女の子って口説けばある一定の確率でものにすることができるわけです”

(ことばのチカラ.JPより引用)

 

まったくタイプが違う二人の経営者、実業家ですが、
気分転換に、彼らのエピソードや発言をかみしめてください。

ご自分のビジネスに、会社での業務に役立つヒントもあるかもしれません。

投稿者プロフィール

植竹希
植竹希株式会社メディカルデザイン代表取締役/メディア戦略プランナー・ディレクター
メディア戦略プランナー。伝えたいことを伝えたい相手に届けるためのPR・プロモーションのプラン・ライティング
(https://design-m.jp/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です