英語の相槌12特集+おまけ!

英語ライターの吉永茉莉(まり)です。

英語での会話や、

電話でのやり取りの際にする相槌、

SNSや、メッセンジャーなどで相槌を打つ時に

どのようなものを使ってますか?

 

”OK”はかなり汎用性が高くて結構使いがちですよね!

ですが、OKと言いたくなるシーンや、

今まではどうやって言ったらいいの?と

迷ってしまいがちな表現をまとめています!

相槌一つで会話が結構盛り上がったりしますので

ぜひ活用してみてください♪

 

1、なるほど!

・I see.

・Okay (OKと同じ意味です)

 

2、もちろん!

・Sure.

・Sure thing.

・Of course.

 

3、了解!

・(I) got it.

・gotcha. 😊 I got it.の略。「ガッチャ」と発音します)

・okay /OK

 

4、大丈夫だよ!

・No problem.

 

5、同じ意見だよ!

・I agree with you.

 

6、まだなんだよね!

・Not yet.

・still working on it.(今もまだそれに取り組んでいるよ、といういうニュアンス)

 

7、ほらね!

・you see?(自分が言ったことに対して本当にそうなった時など)

 

8、感情を弾けさせる時

・awww!(「キャー!」興奮している時)

・ahhhh!(「ああ〜!」

・ehhhh(驚いている時で「ええ!?」、考え込んでる感じだと「どうだね…」)

他にもたくさんありますが、カジュアルな場面では

叫び声のような感じで使われます!

 

9、文字の最後につける「笑」

・lol /LOL

・haha

 

10、例えばどんな?

・like what?(物事に対して)

・like who?(人に対して)

 

11、なんで?

・How come?(現在起こってる事柄に関して)

・why?

 

12、またね!

・see you soon.(すぐに会う時)

・see you later.(また後で会う時)

・see ya(ya=you)

・see you then.(その時にね!という締めの時)

 

【おまけ:絵文字】

<3 = ♡

:) = 😊

;) = 😉

8) = 😎

:9 = 😋

:( = 🙁

:’( = 😢

横から見た時に顔文字になっているのが特徴です。

アイフォンでは、半角でこのように打つと、勝手に絵文字に変換されます。

言わされている、というのではなく、

自分のものにして言っていることが大事です♪

全て中学校で習う英語ばかりですので、

難しくありません!

いつ英語でのコミュニケーションが必要になってもいいように、今準備しておきましょう♪

投稿者プロフィール

吉永茉莉
吉永茉莉幕末英語バイリンガル 育成講師
自分の”好き”に正直に!
会社員 営業歴7年目
英語で日本の歴史を学んで、伝える。新しい学び方と日本の魅力の広め方実施します。
1991年3月生まれ/千葉県出身/元スカッシュプレイヤー 現在弓道鍛錬中!
「もしも新選組メンバーが英語ペラペラだったら?」ストーリーで自然にスピーキング力がアップする幕末新選組×英語塾を開講!
只今ブログで使える!よく見る!英語を新選組ストーリーと絡めて解説中
(https://ameblo.jp/mariyoshinaga)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です