広報の新しい考え方PESO(ペソ)

PRライター植竹希です。


皆さまにも是非覚えてほしい
広報の新しい考え方『PESO(ペソ)』をシェアします。

これまでのメディアといえば、 新聞・テレビ・ラジオ・雑誌を指していました。

この4つのメディアは4マスと呼ばれ、 PRを生業とする広報マンのメインの仕事はこの4つのメディアの掲載獲得でした。
(ここでは社内への情報発信『社内広報』や投資家に向けた『IR広報』はおいておきます)


ちょうど2000年頃から加速しはじめたインターネットの浸透。
それによるWEBメディア・SNSの進化、発展。そのため4マスの影響力が低下し、PRの領域と定義が大きく変わりました。


PRも記事を獲得することに注力するだけでなく

Paid(広告=買う)メディア
Owned(自社所有)メディア
Shared (共有する)メディア
にも目を向け、全方位的に見ていくことが欠かせないという考え方に。

このPESOを知った時、私は小規模だったり、個人こそこの4つのメディアは、
動かしやすいので『個人の時代』が来たと思いました。


例えばこんなステップ例。

STEP1:オウンドメディア
自分のブログで新しい商材を扱う告知

STEP2:ペイドメディア
FaceBook広告、ツイッター広告でブログを拡散

STEP3:アーンドメディア
プレスリリースからさまざまなメディアに情報が掲載

STEP4:オウンドメディア
STEP2、STEP3をみた人が自分のソーシャルメディア上でいいねやシェア


ここまで出来ない、出来ていないと思う方も多いかもしれませんが、

STEP1のオウンドメディア、ご自分のメディアこそが最重要。
まずはご自分のブログなどのコンテンツを整えることに注力すること。

世の中に広められるべきものであれば、次のステップに必ず進めます。

この大切さを、広報視点からも是非知っていただけたら幸いです。

投稿者プロフィール

植竹希
植竹希株式会社メディカルデザイン代表取締役/メディア戦略プランナー・ディレクター
メディア戦略プランナー。伝えたいことを伝えたい相手に届けるためのPR・プロモーションのプラン・ライティング
(https://design-m.jp/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です