誰にでもできる、『痩せる食べ方』

ダイエットライター秋吉香里です。

「毎日仕事も家事も忙しい!」

運動したいけど時間がない!」

社会人になってから、忙しくて時間に追われて早食いになってしまった。」

「子供に食べさせながら自分も食べていると、つい早食いになってしまう。」

大人になってから環境の変化とともに、早食い習慣がついてしまった方はいませんか

早食いは健康によくないうえ、太る原因になってしまいます。

つい食事を急いで食べてしまう、あなたにオススメ

えっ!?それだけ!?」と驚くくらい、誰でも簡単にできるダイエット法があります。

それは、よく噛むこと。

私は子供の頃から食べることが大好きだったのですが、食事が美味しいと感じると、あまり噛まずに急いで飲み込んでしまう癖がありました。

そのため、『よく噛んで食べなさーい!』と、よく母に言われていました。

子どもの頃は言いつけ通りによく噛んで食べていましたが、大人になるにつれ、つい癖で早食いをしてしまうことが増えました。

すると、そこまで食べる量が増えていないのに、体重が気になるようになってしまったのです。

その後よく噛むことがダイエットにもいいと耳にし、食事の度に子どもの頃を思い出して、ゆっくり咀嚼するようにしました。

少しずつ意識することで、今ではよく噛んで食べられるようになりましたし、フェイスラインもスッキリして、嬉しいです。

ここからは、噛むことの嬉しい効果と、さらに噛めば噛むほど痩せ体質になれるコツについてもお伝えします。

【よく噛む事で得られる主な効果】

①食欲抑制
噛むことで満腹中枢を刺激して、満腹感を感じられるため食べすぎ防止になる。

②脂肪燃焼効果
しっかり噛むこと自体が、カロリーを消費を促進。脂肪の燃焼を促進するといった効果がある。

③小顔効果
顔の筋肉が鍛えられ、小顔になる。

④代謝アップ
食後に体温が上がり、代謝もUPする。

⑤アンチエイジング効果
若返りホルモンが分泌されて肌の老化防止、美白効果も期待できる。

しっかり噛むとメリットがたくさんあります。

でも、噛むことってなかなか難しいと思いませんか?

私は食べるたびに「無意識に飲み込んでしまう!」と、感じていました。ところが、コツさえつかめばカンタンにできるようになったので、次はよく噛むためのコツをお伝えしていきます。

【よくかむための3つのコツ】

①1口ゆっくり30噛む
最初の1口目だけでもゆっくり30回噛むのを意識すると、全体のスピードが少しゆっくりになり噛む回数も増える

②歯応えのあるものを、一緒に食べる
自然と噛む回数が増やせる

③ゆったりした音楽を聴きながら食べる
ヒーリング系などの音楽を聞いて食べると、しっかり噛めるだけなく気持ちが整ったり、心にゆとりが出ます。その結果、食後の仕事や家事でパフォーマンが上がる効果も。

忙しい中でも少しでも噛むことを意識しするだけで、体も心も変わってきます。

「時間がないからダイエットはできない」と諦めるのではなく、できることから、ダイエット成功に繋げてほしいなと思います。

自信をもって心からの笑顔で、活躍するあなたを応援しています!

投稿者プロフィール

秋吉香里35歳からのダイエットサポーター
いくつになってもキレイでありたい⭐️ 食からの改善⭐️ベルラスダイエット認定講師栄養士
(https://ameblo.jp/kaopoo2)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です