あなたの文章は “3つのNOT”を意識している?

ライティング術ライター吉田和歌子(wacoxxx)です。
 
突然ですが、あなたの記事は読まれていますか?
欲しい反応は得られているでしょうか?
 
 
「読まれている手応えはあまり感じないな…」
「反応はない or 少ないかな…」
 
そう答えたあなたに、ぜひお伝えしたいことがあります。
“3つのNOT”って、聞いたことがあるでしょうか?
 
 
1. 読まない(Not Read)
2. 信じない(Not Believe)
3. 行動しない(Not Act)
 
という3つの壁を指し、【コピーライティングの3原則】とも言われているものです。
 
 
悲しい話ですが、基本的に文章とは「読まれず、信じてもらえず、
行動してもらえない」ものと考えてください。 
(これはあなたに限らず、世界中の文章すべてにおいてです)
 
もともと“3つのNOT”は「人の広告に対する行動原則」を表したものですが、
文章を読み手に届けたいときにも、「基本的に人は読んでくれないもの!」
と意識するだけで、グッと【心を動かす文章】に変身しますよ。
 
まずは、大前提として【相手の目線】になることが大事です。
 
□どうしたら読んでもらえるか?
□どうしたら信じてもらえるか?
□どうしたら今すぐ行動してもらえるか?
 
を意識しながら書いてみてください。
 
 
読者に興味を持ってもらうためのテクニックはこの世にごまんとありますが、“3つのNOT”を意識して初めてそれらを使いこなせるようになります。
 
 
ちなみに具体的なテクニックとしては、
 
1. 読まない(Not Read)
→興味をひくキャッチコピーにする
 続きを読みたくなるフック(導入)にする
「あなた」を使う   など
 
2. 信じない(Not Believe)
→具体的に書く
ケーススタディや証拠を載せる など
 
3. 行動しない(Not Act)
→行動を促す文章を書く
手順をシンプルにする など
 
があります。
 
 
次回はこれらのテクニックをもう少し詳しくご説明しますね。

投稿者プロフィール

吉田和歌子
吉田和歌子個人起業家 発信力サポーター
■□■□■□■□■□■□──
“想い”を“言葉”に
その“言葉”が未来をつくる
*****************************
14年間の広告・編集業界を経て2018年にフリーに。
現役ライターとして活動中。
1,000人以上を取材してきた【取材力】で魅力を120%引き出し、ありありとイメージさせる【文章力】で心を揺さぶるのが得意。
10,000人以上の添削&修正してきた【ライティングスキル】を生かし、
個人起業家の《発信力アップ》をサポートするライティング講座を開講。
プライベートでは、元バックパッカーのマイペース夫とおじいちゃんのような5歳男児と悲喜こもごもを共にしている。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です