パラレルキャリアとは社外人材育成である

 先日、「みずほフィナンシャルグループ」の副業解禁が発表されました。希望する企業で一定時間働いたり会社設立で法人化を認めたりと、副業という枠の中でも幅広く容認されるそうです。

 銀行業界では新生銀行がいち早く副業解禁を導入していましたが、さらに大手メガバンクも導入したことで、コンプライアンス的に難しとされている業界も含め、益々副業解禁の波は加速していきそうです。

 副業解禁が今後どのように企業に影響を与えるのか、成果はまだ数年先になりますが、今まで社内研修などで行っていた人材育成が、これからは、副業・兼業・パラレルキャリアを通して社外で人材が育成され、そのスキルや人脈が、会社で活かされ還元される、という視点になれば、今はまだ2割ぐらいしか副業解禁していないという企業の副業解禁率も上がると思います。

 これからの人材育成は社内研修や社内育成ではなく、社外で行うのがスタンダードになり、個人もまた、自分のスキルアップだけでなく社外で学んだことを、今の業務にどう活かせるのか?どう還元できるのか?そこまで考えて取り組むことで、自己の成長や成果というのは大きく変わってくるのではないでしょうか。

 ただ単に収入アップを目的とするのではなく、組織から離れた時に自分に何ができ何を求められ、そしてなにが価値になるのかを見極められるビジネスパーソンになることが、令和時代には必要となってくるでしょう。

投稿者プロフィール

美宝れいこ
美宝れいこパラレルキャリアコンサルタント
働く女性を応援する!エール株式会社
Aile Magazine(エール通信)編集長
パラレルキャリア推進委員会代表 起業部門担当
女性の「働き方」と「生き方」を応援する!をコンセプトにパラレルキャリア推進委員会の代表を務め、日本唯一のパラレルキャリア専門スクールや専門誌を発刊。その他、働く女性のための商品やサービス・イベント等のプロデュースも手掛ける。
(http://aile-official.co.jp/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です