新ハラスメント!その名も「ジタハラ」

キャリアライターの朝賀ちひろ です。

2018年度の流行語大賞にノミネートされた言葉「ジタハラ」
ご存知ですか?

『時間短縮ハラスメント』通称『ジタハラ』とは……

定時に終わる仕事量ではないなど理由があるのに、「残業するな」と業務時間の短縮を強制することです。

これは一生懸命仕事をしている会社員は、該当経験があるのではないかと思います。
悩みどころですよね・・・
私もがっつり該当してましたよ!!

しかし、じゃあ必ずしも残業になりそうな仕事はしなくていいかと言うとそうではないし、好きなだけ残業していいよと放置する上司や会社のスタンスも違うし、一概に『こうしたらいい!』とは言えないのが難しいところ。

その他、例えば、部下に『がんばれ!』と言うのは実はハラスメントに当たります。

いわゆる『パワハラ』

がんばれ!なんて、頻繁に言うじゃないですかぁ!
最近多様化しすぎて驚く様々な「ハラスメント」ですが、結局は『相手の気持ちになって考えることが出来るかどうか』に尽きます。

相手のことを思ってかけた言葉、行動ならばハラスメントではないと思います。

また受け取る側も、相手の気持ちを汲み取る必要があります。
全て自分都合の解釈で受け身でいることは、相手のことを思いやれていません。

お互いが相手の気持ちを考え合れば、多少の意思疎通のずれ、齟齬があっても不快にはならず「ハラスメント」だと言うこともなくなるでしょう。

「ジタハラ」に関しても、上司が部下の立場を考えた状況把握をすること。

担当者は先の見通しを考慮して必要な報告、掛け合いを発信することでお互いの気持ちを分かり合うことができ「ジタハラ」という捉え方は避けられると思います。

1月も後半に入り、新たな仕事が始動している方も多いと思いますが「お互いを思いやる気持ち」を持って、楽しく仕事に取り組みましょうね!

投稿者プロフィール

朝賀ちひろ
朝賀ちひろNAIL&YOU代表
◇「NAIL&YOU」代表
◇「エールプロジェクト」事務局長、キャリア担当
栃木県出身、千葉県市川市在住。セーラームーン世代。
元会社員✕起業家✕ネイリスト✕ママのパラレルキャリア
(https://nailandyou.com/)
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です