『口元の印象をあげる方法』②

美容ライター/歯科衛生士島田千歌です。

顔の印象の80%は、「口元」が決めています!

いきなりの結論で、驚かせてしまったかもしれません。

これから詳しく、理由について解説をしていきますね。

前回の記事でもお伝えしているのですが、皆さんは、

「イケメンなのに、マスクをとったら……ちょっと残念!」と感じてしまった経験はありませんか?

口元は顔の別部分と比べても、特別に他人に印象を残しやすい場所であることが分かっています。

もし口元が残念だと、他の場所を頑張ってメイクで50%盛ったとしても、

「+50%-80%=ー30%」と最終的にはマイナスになってしまいかねません。

うっかり気を抜けないところ、それが「口元」です。
お手入れで印象を上げることができますので、日頃から気をつけてケアしていきましょう。

———————————

前回はそんな口元の中から、《あげあげ口角を作る3カ条》 をお伝えしていきます。

◼︎舌筋を鍛えよ!
◼︎頬筋を鍛えよ!
◼︎口輪筋を鍛えよ!

前回は1つ目、舌筋についてご紹介しました。

「意外と疲れますね!」というコメントを沢山頂きましたが、皆さん、その後いかがでしょうか。

続けられている方は、そろそろ慣れてきた頃だと思います。

今回は2つ目の「頬筋」の鍛え方をお伝えしていきますので、ますます素敵な上向き口角に近づいてくださいね。

———————————

◼︎頬筋を鍛える

a.ウインクトレ (所要時間:約15秒)

①口を閉じた状態で、右の口角を右目の目尻に近づけるイメージで、頬が上がっているのを確認しながらゆっくり上げていき、ウインクします→5秒キープ。

②ゆっくり元に戻し、左も同じく行います。

b. 頬っぺた持ち上げトレ(所要時間:約20秒)

①歯を見せて思い切り口角を上げた笑顔を作ります→5秒キープ
②ゆっくり元に戻し、顔を縦に伸ばすイメージで「お」の形を作ります。
③頬の筋肉が持ち上がっていることを確認しながら、「お」→「あ」の形に動かします。→5秒キープ
④ゆっくり元に戻し、①~④を繰返します。

※a.bともに1回3セット、1日数回を試してみてください。


前回の舌トレーニングも疲れた感じがあったと思いますが、今回の特にbの方は、効いている感じがあるのではないでしょうか。

私が始めた頃は、終わった後しばらくしても違和感が続いていました。これは効いている証拠です。

頬筋は、ほうれい線予防にも一役かってくれますので、鍛えて損はありません!

前回の舌トレと合わせて、是非、続けてみてください。

投稿者プロフィール

島田千歌歯科衛生士
サロンLynnオーナー/歯科衛生士
◆セルフホワイトニング&フェイシャル&お口のオンラインレッスン開講
パラレルキャリア専門エール通信
島田千歌

サロンLynnオーナー/歯科衛生士
◆セルフホワイトニング&フェイシャル&お口のオンラインレッスン開講

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です