語学,  ブログ

英語表現“ASAP”を知らないと、仕事に影響が!?

学校の宿題や

クライアントからの依頼、

社内提出物に

必要書類の申し込みなど

色々なものに提出期限がありますが、

もし、海外からのメールで、

ASAP

と書いてあった時、皆さま何のことだと思いますか?

これは、単語の頭文字を取ったもの!

それも、

As Soon As Possible  =可能な限り早く(なるべく早く)

の、略!!!!

ビジネスメールでは、

きちんと書かれることがありますが、

ショートメールや、

メッセンジャーなどの媒体で連絡が来る時は、

長くて打つのが面倒!

という理由からこのように頭文字をとって

送ることがあります!

日本語でも、

「なる早で」

と言いますもんね笑

実は他にも略している表現はあるんです!

☑️FYI : For Your Information

「情報までに/あなたへの情報として」

☑️tmr: tomorrow

「明日」

☑️LOL / lol : laugh out loud

大文字で「爆笑」

小文字で「笑」

日本語でも、最後につける、あれです!笑これ

☑️n: and

「それと」

夢の国の前歯の一本と二本のリスキャラクターも、表記は実は

Chip nDaleなんです!🐿

締め切りや提出期限に間に合わなかった!

なんてことは大問題!

上記表現がわかれば一安心ですね☘️

ストーリーで自然にスピーキング力がアップする

幕末新選組×英語塾

☘️只今ブログで使える!よく見る!英語を

新選組ストーリーと絡めて解説中☘️

https://ameblo.jp/mariyoshinaga

投稿者プロフィール

吉永茉莉幕末英語バイリンガル 育成講師
自分の”好き”に正直に!
会社員 営業歴7年目
英語で日本の歴史を学んで、伝える。新しい学び方と日本の魅力の広め方実施します。
1991年3月生まれ/千葉県出身/元スカッシュプレイヤー 現在弓道鍛錬中!
「もしも新選組メンバーが英語ペラペラだったら?」ストーリーで自然にスピーキング力がアップする幕末新選組×英語塾を開講!
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です