ママ,  ブログ

「才能があるね!」というホメ言葉のおとし穴

みなさま、こんばんは^^

永嶋泰子です。

人材成長講師として活動、3歳の男の子ママです。

さて、今回は

「才能があるね!」というホメ言葉のおとし穴について。

あなた自身のこととしてイメージしてください。

ものすごい人をみたときに、

あなたはどう思いますか??

(五輪メダリスト/ノーベル賞受賞者etc)

30秒、お時間さしあげます^^

さあ、どうぞ♪

「才能あるからここまでできたのよね~」

って思ったあなた、手をあげて~^^

はい、ありがとうございます(笑)。

もし子育てをされてるようでしたら

「才能があるから」という言葉は、おつつしみください^^

「才能」という言葉って、よくつかってしまいがち。

でもね、この言葉をつかうことで、

【努力よりも才能がまさる】と思い込んでしまうのです。

つまり、壁にぶつかったときに

【才能がなかったからできなかった】というイイワケがなりたつのですね。

これから未来のある子どもにとっては

ものすごく危険です。

(あなたにもね★)

だって、努力することを否定する言葉だから。

アメリカ心理学の研究のデータにもあるんです。

あるテストで

「才能がなかった」と思う生徒は

悲観的で無力感がつよいと。

(悲観的で無力感がつよいとどうなるかは、

改めて書きますね♡)

だから、子どもをほめるときは

(&ご自身をほめるときも)

「よくがんばった!」と言ってあげてください。

くれぐれも「才能があったんだね!」で片づけないように(笑)

<10秒プロフィール>

リクルートグループで人事を経験後、

妊活のため退職。

2019年4月に人材成長講師として独立。

現在、30~40代の女性向けに、人づきあい(仕事/夫婦/子ども)のご相談を

承っております。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

次回、お会いできますこと楽しみにしております。

投稿者プロフィール

永嶋泰子人材成長講師
【モヤモヤ→シンプル思考へ悩まない私に】人事1500人以上の研修にかかわる。私生活では長女を亡くすどん底も。つながり×成長×美の視点から”堂々と私を表現する”講座を開催中。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です