貯金をしてはいけない!? あなたは 蛇口派? 水がめ派??

消費税の増税で、

税金について考えることも多かったのではないでしょうか?

年収○百万だとして、そこから所得税、住民税が引かれて、

さらに受け取り額からモノを買うときに

消費税によって1.1で割り返した金額分しか買い物できなくなっているわけなので、

物価上昇を含めても、お給料が変わらなければ、収入が減っている、ということになります。

ちなみに、今回の増税分の国民負担の半分は、途上国支援にまわされることに・・。

それはともかく、

お給料を増やすこと、支出を減らすこと、自分の成長をさせていくこと、お金にも働いてもらうことが必須の時代だと言うことを一層感じているこの頃です。

さて、老後2000万問題が話題になってから、老後のために貯金しよう、と思っている方も多いと思います。

では、ただお金を貯めれば良いのか?というと、そうでもありません。

例えば、

65歳までに2000万貯めよう!と思って頑張って貯めたとします。

そのお金を90歳までで使いきるためには?

65歳から

約6.5万円を使い続けると

90歳で0円になります。

え・・90歳より長生きしたらどうするんですか??

ということで、3つの理由があって、ほとんどの方が老後に貯めたお金を使えずにいます。

①大きな病気をしたら困る。

②介護状態になったら心配だ。

③そもそもいつまで生きるか計算できない。

つまり、多くの方は、お金を貯めて、使いきることが恐くて、使わずに亡くなってしまいます。

日本人の平均の亡くなるときに持っている金融資産は、

約3000万。。

老後に使おうと思っていて使えずにいて、子供や甥っ子姪っ子、身寄りがない方は国に・・。なんてことも多くあります。

ちょっと想像してみて欲しいんです。

砂漠にいて。

水が飲みたい!と思ったときに

○いつかは尽きることのわかっている大きな水がめ

○1日分の水が、永遠に出る蛇口

どっちが良いですか?と聞くと、100%

蛇口です!

と答えます。

でも実際に行っているのは

水がめの方がほとんどです。

じゃぁ、何が水がめで、何が蛇口なの?

というお話を次回させていただきます(^^)

投稿者プロフィール

岩井麗ファイナンシャルプランナー(AFP認定)/相続診断士
日本人女性のマネーリテラシーを高めて、自由な人生を手に入れてほしい
パラレルキャリア専門エール通信
岩井麗

日本人女性のマネーリテラシーを高めて、自由な人生を手に入れてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です