ブログ,  食と教養

こしょう

こんにちは、京田です。
日曜のコーナーでは、食にまつわる豆知識をお届けしております。 

今日は日曜ながらボランティア・ワークで仕事に出ていました。
そして、お昼に「つけめんTESTU」にて、ボリュームたっぷりのまぜそばをいただきました。 

黒胡椒たっぷり。
ついでに、にんにくすりおろしもたっぷり。 

ラーメン屋さん…
昔ながらの中華そばやさんに入ると
細かーーーーく挽いた、白胡椒の缶が置いてあるイメージ

ではありませんか。 

今日のお店は黒胡椒。
こってり、太麺なので黒胡椒の辛味が効いて、とても合っていたと思います。 

みなさん、ご自宅で黒胡椒と白胡椒をどのように使い分けていますか。 

そもそも、白・黒両方置いてありますか?

スーパーのスパイスコーナーで簡単に入手できる胡椒というと 

黒胡椒
 ホール
 あら挽き
 細かい粉末 

白胡椒
 ホール
 細かい粉末 

少し品揃えが増えると、
白胡椒のあら挽きが置かれ
黒、白、緑の粒胡椒を混在させた「ミックス・ペッパー」が並び
ホールの「ピンクペッパー」「レッドペッパー」が増える。 

更には、ハーブを混ぜた胡椒入りのシーズニングが置かれているのを見るようになります。 

我が家の台所には、ホールの白、黒、ピンクがあって 

ピンクはそのままか、指でひねって。
白と黒はペッパーミルで、都度、好みの粗さに挽いて使っています。 

さて、使い分けですが 食事に行った先で、カウンターに座ってシェフに話を聞く機会があると 

フレンチやイタリアンでは 

「黒胡椒を使うのは牛肉だけ」
「白がほとんどかな」 

とお聞きするのことが多いです。 

タイ料理のお店では、同じ料理にA店では黒、B店では白と別の胡椒を使っていました。 

どちらを使うか、という2択以前に 

「日本人はなんにでも塩・胡椒をするけど、胡椒ってなんにもで必要?」

とも言われます。 

これは、プロだけでなく、Non-Japaneseの主婦の方からも何度もお聞きしました。 

私も好きですね。胡椒。

意識するようになってからは、塩だけにしたり、胡椒の代わりにクミンを使ったりするようになりました。 

お陰で、普段の食卓でもちょっとエスニックな、よそ行き風の香りを楽しめるようになりましたが 

最近は「純胡椒」という生胡椒の塩水漬けにもはまっています。 

産地により、味わいが違うのは他の食材と一緒ですが

(以下、オンラインサロン限定公開)


→ 続きはこちらから

投稿者プロフィール

京田佳永子
京田佳永子クッキング・スペシャリスト
茶道歴30年、秘書歴25年、ホームパーティ歴15年。美味しいものに本気で取り組む外資系企業社長秘書。パラレルキャリアでおもてなし料理教室を主宰。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です