キャリア,  ブログ

適切な仕事のダメ出し

キャリアライターの朝賀ちひろ です。

仕事のダメ出しって難しいですよね。。。

特に後輩の指導など
どうしたら良いのかと
よくある悩みだと思います。

例えば、
ある営業担当のAさんは今月の売り上げが
達成できませんでした。
また、Aさんのミスによるお客様からのクレームも相次ぎ
チーム全体として進捗が遅れ気味です。

Aさんの分の仕事を他のメンバーが
カバーしている現状ですが
Aさんはその状況を気にしている様子もなく
あっけらかんとして
ミーティングにも遅刻してきます。

そのときあなたはAさんに
なんと声をかけますか?

「売り上げ達成できないなんて、能力がないね」

「ミスによるクレームが多いね。原因は何なの?」

「ぼんやりしているから、こんなミスにも気付けないんだね」

「遅刻は絶対にダメだ。次回のMTGは遅れずに来なさい」

「これだからゆとり世代はダメなんだよ」

「田舎出身の人は昔から苦手なんだよね」

「みんなが仕事をカバーしているのは分かるよね?感謝を伝えてね。」

「みんなの気も知らないで鈍感なんだね」

この中に適切な指導の言葉と
アウトー(ili´д`)な言葉が混じっています。

アウトな言葉たちは
今や「ハラスメント」に該当します。

答えはこちら↓↓↓

×「売り上げ達成できないなんて、能力がないね」
○「ミスによるクレームが多いね。原因は何なの?」
×「ぼんやりしているから、こんなミスにも気付けないんだね」
○「遅刻は絶対にダメだ。次回のMTGは遅れずに来なさい」
×「これだからゆとり世代はダメなんだよ」
×「田舎出身の人は昔から苦手なんだよね」
○「みんなが仕事をカバーしているのは分かるよね?感謝を伝えてね。」
×「みんなの気も知らないで鈍感なんだね」

○と×に
大きな違いがあるか分かりますか?

それは・・・
○「誤った部分を客観的に指摘し、指導している」
×「人格否定をしている」

この違いです。

それぞれ性格、考え方は
違って当たり前ですが

仕事が出来ない=(イコール)人格否定に
つながるのはNGです。

自分が否定されると言うことは
何よりも辛いことです。

何をやってもダメなのだという
気持ちになり、
ますます仕事が怖くなります。

チームにとっても
会社にとっても良い影響は
何一つありません。

そのような発言をする人の多くは
周りを下げて
自分が優位である状況を保ちたい
という考えなので
気にしないようにしましょう。

しかし、ダメ出しをされる側も
自分を客観的に見て
直さなければならない、
注意しなければならない部分は
素直に聞き入れましょう☆
(素直な人ってやっぱり伸びる!)

適切なダメ出しであれば、
会社、取引先、チーム、
そしてあなたのことを考えているから、
愛があるから
ちゃんと受け入れられますよね♡

本日もありがとうございました⭐

投稿者プロフィール

朝賀ちひろ爪のコンサルタント所長
◇「爪の役割 研究所」〜守る・飾る・力になる〜
◇「NAIL&sth」produced by Chihiro Asaka(ネイルアンドサムシング)代表
◇「エールプロジェクト」キャリア担当
栃木県出身、東京都在住。セーラームーン世代。パラレルキャリアの働き方を支持し、会社員をしながらネイリストとして活動。
パラレルキャリア専門エール通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です